派遣の基礎知識

楽で儲かる仕事がしたい!今の時代を楽に生き抜く働き方とは

楽で儲かる仕事がしたい、誰しもが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

実際には中々そんな仕事は無くて、一般企業に就職して毎日一生懸命働いている方が多いかと思われます。

しかし、諦めるのはまだ早いです。近年はインターネット環境が充実してきましたし、様々なサービスが利用できるようになりました。働き方に関しても様々な改革がなされており、以前に比べて働き方が多種多様になっています。

そこで本記事では、楽で儲かる仕事について調べてみました。皆さんも諦めずに、楽で儲かる仕事を見つけてみましょう。

自分が思う楽って何?派遣社員になって、自分に合った働き方を見つけよう!

まずは派遣社員についての説明です。儲かるとは若干違うかもしれませんが、楽という点に関しては派遣社員という働き方も非常に有力です。

そもそも人によって楽と感じる働き方は様々ですよね。事務作業が楽と思う方もいれば、単純労働が楽と思う方もいらっしゃいます。

派遣社員なら、数多くの求人の中から自分の好きな働き方を選ぶことができるのです。

本項では派遣社員の働き方について説明します。

勤務時間・仕事内容など自分が思うがままに選ぶことができる

普通に一般企業に勤めていれば、週5日フルタイムで労働することが基本です。更に忙しい時期には残業を強制され、自分の時間を持つことができないなんてこともざらにあります。

派遣社員はそのような不満点を解消することができるのです。例えば「週3日だけ働きたい」や「残業時間無しが良い」等の要望も求人によっては叶えることができます。

仕事内容も本当に数多くの求人から選ぶことができますので、自分がやりたくない仕事を選ぶ必要がありません。「これなら楽そうだな」と思うような仕事を選んでいけば、楽しく仕事を行うことが可能です。

時給もアルバイトやパートに比べると非常に高いですし、空いた時間で副業をすることもできます。皆さんも派遣社員という働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

資格を持つことで、楽に収入が貰える仕事もある!

資格を取るまでにいろいろ勉強をする必要がありますが、資格を取ってしまえば働く事に困らないという物はたくさんあります。

例えば不動産取引は宅建を持っている人でないとできませんので、宅建を持っている人は色々なところで重宝されます。他にも公認会計士やファイナンシャルプランナー等、資格を取るまでは大変ですが取ってしまえば高い年収で働く事ができます。

更にこのような資格で食べていく人は起業することも簡単です。世間で必要な仕事ですので、仕事探しに躍起になる必要がありません。

派遣社員である程度の収入を稼ぎつつ、難しい資格にチャレンジすることで、将来性の確保もできますね。

副業って儲かる?副業を組み合わせて、正社員より多くお金を稼ごう!

昔はどの会社も副業禁止でしたが、今では副業が解禁される時代になりました。会社で働くだけでなく、自分の力で収入を得ることで生活を豊かにしようという狙いがあります。

実際に副業で大儲けをして、本業の仕事を辞めたという人も大勢いらっしゃいますので、副業を行うことは決してマイナスにはなりません。

でも副業で何から始めればいいか分からないし、儲かるかどうかも不安ですよね。

本項では副業についてまとめましたので、参考にしてみてください。

副業で大きく稼ぐには、コツコツ継続することが大事

よくインターネットの広告などで「誰でも簡単に儲けられる!」といった広告を目にしますよね。詐欺まがいの物もありますが、実は「誰でも簡単に儲けられる」という事は間違っていないのです。ではどうして儲けられない人がいるのでしょうか。

その大きな理由は、みんなすぐ諦めてしまうからなのです。

例えばYouTubeで広告収入を得て暮らしている人って結構いらっしゃいますよね。その人達は多い人で1日数件、少ない人でも週に45回は動画をアップロードしています。

最初は誰も見てくれないような日々が続きますが、それでもめげずにアップし続けた人のみが収入を得ているのです。

動画をアップすることは誰でも簡単にできますが、儲けられる人が少ないというのはこの継続性が足りてないことが原因です。

大きく稼ぐには、継続することがまず必要不可欠な条件なのです。

資格やスキルが無くとも、できる仕事は数多く存在する

「結局副業も何か手に職が無いとできないんでしょ?」と考えている方もいらっしゃいます。確かに、資格やスキルがあったほうが副業を始めやすいことは事実です。

ですがそんなものが無くても手軽に稼ぐ方法はあります。

その最たる例がクラウドソーシングです。今は会社もインターネット上で仕事をしてくれる人を募集する時代です。

例えば「テープ起こし」という仕事があります。その名の通り、テープの中で話している内容を文字にするだけの仕事です。これなら誰でもできますよね。

大きく稼ぐには慣れと実績が必要ですが、資格が無いと副業ができないという事は間違っています。

何にせよまずは始めることが大切です。皆さんも是非クラウドソーシングを活用して仕事を探してみてください。

今の時代、起業は元手無しで簡単!仕組みを作って安定して稼ぐ

仕組みを作って、後は放っておいてもお金が入ってくる。そのような生活って理想的ですよね。今の時代、その仕組み作りも簡単にできるようになりました。

昔は仕組みを作るのにコストが非常にかかり、それこそ特定の人しかできないという事が多かったのですが、今はインターネットを使用して誰でも簡単に起業できます。

ではどのような起業方法があるのでしょうか。確認していきましょう。

ネットショップの開業や、ウェブサイトの運営で収入を得る

手っ取り早いのがネットショップの開業です。ホームページを作るという事は非常に難易度が高いように感じられますが、今はHTMLなどの専門知識が無くても簡単にホームページを作る機能が充実しています。外注で作ってもらったとしても安ければ1万円位で作ってもらうことも可能です。

ネットショップの商品は「ネットせどり」と呼ばれる方法で探します。Amazonや海外のショップから日本で高く売れる商品を購入して販売する方法が手っ取り早く利益を稼ぐ一番の方法です。商品を探す手間はかかりますが、一度商品が見つかれば少しの手間で利益をたくさん稼げるでしょう。

また、趣味のウェブサイトを作ることも有効です。アクセス数が多くなってくると、ページに広告を張り付けることで収入を得ることができます。

こちらもサイト更新には継続性が必要ですが、安定すると月に数十万円稼ぐことも夢ではありません。

雑誌は古い!漫画や小説など、オリジナルの作品をWebで出版!

自分で創作物を作って、その印税で暮らすことは誰しもが考える夢のような話ですよね。今の時代、創作物で稼ぐハードルも非常に低くなっています。

昔は作品を出版社に持ち込んだりして長い期間をかけて世に出していましたが、今はネットで簡単に創作物の出版ができるようになりました。

代表例としてAmazon KDPというシステムがあります。こちらは自分で書いた小説や漫画をAmazon Kindle上で簡単に販売できるというシステムです。値段も自由に設定することができ、印税も最大70%もらえるなど充実しています。

売上を伸ばすには知名度が必要ですが、作家デビューのハードルはすごく下がっていますよね。今は雑誌や小説なども電子化の時代ですので、一攫千金を狙って執筆活動を行うのも良いかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。最初から楽で儲かる仕事というのは少ないですが、しっかりと継続して準備を進めていけば将来的に大儲けできる仕事は意外とたくさんありますよね。誰にでもできる仕事も数多くありますし、お小遣いを稼ぐくらいであれば本当にすぐに始めることができます。

いきなり副業を本業にして不安定な収入の中頑張るのではなく、派遣社員として自由度の働き方をしながら副業の準備を行うことがおすすめです。今は国が働き方改革を推し進める時代ですので、正社員として1つの職場で働き続ける以外の道も探してみてください。

皆さんも「楽で儲かる」を実現するために、色々準備をしてみてはいかがでしょうか。