派遣就業の悩み相談

派遣でもいっぱい給料が欲しい!1円でも多く給料を貰う時給交渉とは

派遣社員って、昇給があまりないイメージがありませんか?最初は高い時給が魅力で登録しても、いつまでたっても昇給しないので、いつのまにか周りの人より給料が低くなってしまっているというケースも少なくありません。

派遣社員も正社員と同じような仕事をしているのですから、給料を高くしてほしいですよね?

本記事では、派遣社員の昇給の交渉術について説明します。少しでも多く時給を貰えるように行動してみましょう。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)

タイミングを見極めて、自分の働きぶりをアピールしよう!

派遣社員があまり昇給されない要因の1つとして、昇給に対する決まりが無いという点が考えられます。正社員の場合は定期昇給といって、ある時期になると昇給の査定が必ずあるような仕組みが作られています。日本が年功序列で給料が変わるのは定期昇給があるからなのです。

派遣社員には定期昇給という仕組みがありませんので、昇給が無いままズルズルと時間が過ぎて行ってしまう可能性が高いのです。昇給を希望する場合は、自分で行動してアピールしなければなりません。

本項では、昇給のタイミングと方法について説明します。

最も良いタイミングは契約更新前!いかに自分の存在が重要かを伝えよう

突然何の脈絡もないときに昇給をお願いしても、中々許可されることはありません。仕事や環境に変化が起きている時こそ、昇給をお願いできるチャンスが存在するのです。その最も良いタイミングは契約更新前です。

企業が派遣社員を優秀な人材であると認めている場合、契約の更新をお願いされるでしょう。その時にいかに自分という存在が会社にとって大切かをアピールしてみましょう。

会社に長く在籍するにつれて、仕事のやり方や責任感が増すので、時には社員の人に仕事を教えるという事もあり得ます。自分がいなければ円滑な業務に支障が出るという事を企業の人に理解してもらい、給料を上げてでも働いてほしいと思わせることが肝心です。

企業も仕事をしている姿を見ているはずですので、一度チャレンジしてみてください。

資格習得は、自分の頑張りを形で表現できる最善手

とはいっても、自分の能力の高さをアピールするのって中々難しいですよね。形のないものをアピールしなければならないので、説得力を持たせることができなくて諦めてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は資格習得に挑戦しましょう。資格はその人の能力を形で表現することができる最高の手法です。難しい資格であればそれだけで生きていける位の効力を持ちます。

そこまで難しいものではなくてもいいので、何か自分の仕事に合った資格を取ってみましょう。例えば事務ならワードやエクセルの検定などが人気です。お客様と応対することが多いなら秘書検定なども有効ですし、専門性のある仕事ならそれに応じた資格が存在します。

就業中に資格を取るという事は努力しなければできませんので、会社にも頑張りを認めてもらいやすくなります。

派遣会社には資格講座を無料で受講できるところもありますので、資格を取って昇給に役立てましょう。

誰にでも好き嫌いはある。常に円滑なコミュニケーションを心がけよう

本来であれば能力が高い人ほど高い給料を貰うことが当たり前なのですが、人間社会ではそう上手くいきませんよね。どうしても上司に好かれている人の査定が優遇され、給料が高くなってしまいます。

こればかりは今の社会の仕組みではどうすることもできませんので、自分のためになると思ってコミュニケーションは常に取るようにしましょう。

昇給を申し入れた時に、まずはその人の事が好きか嫌いかから始まってしまいます。その時に普段コミュニケーションを取っていなければマイナス印象になってしまうのです。いかに優秀な仕事ぶりや資格を持っていても、上司から嫌われていると給料は上がりません。

「なんでわざわざ仕事と関係ないことを」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の将来を考えて、なるべく円滑にコミュニケーションを取るようにしましょう。

派遣会社は立場が低い?常に選ぶ立場であることを理解しよう

派遣社員として働いていると、「どうせ派遣社員の言う事なんてあまり聞いてくれない…」と、弱気な姿勢を持ってしまう事が多くあります。どうしても正社員と比べると自分の立場を低く感じてしまい、力強く発言することをためらってしまいがちです。

ですが同じ仕事をしている以上、決して立場が低いということはありません。時には正社員以上に働いている時もあるでしょうし、与えられた仕事をしっかりこなしているという自信をもってください。

本項では気弱になってしまわないようにするコツを説明します。選ぶ権利を放棄してしまわないように、自分の立場を考えるようにしましょう。

意外と、時給交渉を行っている派遣社員は少ない

派遣社員の昇給に関するアンケートを約1,600名の方に取ったところ、「給料の交渉を行わなかった」という回答を行った人が全体の80%でした。

先ほども述べたように、派遣社員の昇給は定期ではありませんので、自分で交渉する必要があります。このアンケート結果ではそもそも昇給するという土台に立とうとした人が全体の2割しかいないという事実が存在しているのです。

職場での印象の悪化を避けることが要因かもしれませんが、権利を主張しないのはもったいないと思いませんか?正社員は何もしなくても定期的に昇給するので、派遣社員だって昇給しても良いはずです。

まずは昇給が正当な権利であることを十分理解して、交渉を行うことを意識づけてください。意外とあっさり昇給するかもしれませんよ。

希望額をはっきり伝え、強気の立場で臨むことが大切

いざ交渉の場に立った時に、ただ闇雲に「昇給してくれ」とだけ言っても成功率は低いでしょう。交渉するときには、話に説得力を持たせる必要があります。

まずは自分の昇給の希望額を伝えましょう。プロ野球選手の契約更新の時も、まずは自分の希望額を話してから交渉に入ると言われています。まずは具体的な要望が無ければ話が進みづらいのです。

そこから、「なぜこれ位上げてほしいのか」を説明します。年数を重ねるごとに自分のできる仕事が広がっている事や、責任感が増している事を伝えましょう。その時に習得した資格を見せることも良いかもしれません。

希望金額を言うこと、相手を納得させる理由を説明することを頭に入れながら交渉してみましょう。

「契約更新しない」は最終手段ではない?派遣のメリットを常に考えて

取引の場で「これを許可してくれないのであれば今後契約しません」という内容を最終手段として考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ですがこちらは別に最終手段として持っておく必要はないと思います。なぜかというと、派遣社員は短期契約が前提なので職場を変えても何もマイナスにならないのですから。

つまり契約しないならしないで自分のプラスになるので、交渉するときこの言葉を使って失敗しても何ら問題ありません。派遣社員としてのメリットを交渉に使用することは大切な事ですので、どんどん使ってみましょう。

本項で派遣社員のメリットについて再度確認して、交渉に役立ててください。

職場を変えることは、派遣社員にとって経験を積むチャンス

正社員は短期間で職場を変えることはマイナスイメージですが、派遣社員は違います。

派遣社員はもともと短期で契約することが前提ですので、たくさんの職場で経験を積んでいることは今後の交渉においてプラスになるのです。

ですので、1つの職場にこだわらずにどんどん職場を変えることも考えましょう。

「時給上げてくれないのであれば辞めます」という交渉でもし断られたなら辞めて他の会社に行ってもマイナスではありません。むしろ1つの職場にこだわりすぎることで、多くの求人のチャンスを逃してしまう可能性だってあるのですから。

もちろん昇給にあたって理由付けは必要ですが、そもそもこれくらい強気で攻めても何ら問題はありません。どの結果でも経験を積むチャンスと考えて交渉に臨みましょう。

派遣会社の担当者にも当たりはずれがある。1社にこだわらないで

最終的に、昇給の交渉を企業に行う人は派遣会社の担当者であることが多いかと思われます。企業がお金を支払っているのは派遣会社ですので、これは仕方のないことです。

しかし派遣会社によっては担当者のやる気が無くて、こちらが熱心に昇給の交渉を行っても企業に説明してくれない人も存在します。派遣会社の担当者は派遣社員から要望を出してもよほどのことが無い限り変わらないでしょう。

ですが派遣会社は1社だけではないという事を頭に入れておいてください。派遣社員には派遣会社を選ぶ権利だってあるのです。担当者があまり親身になってくれないのであれば、派遣会社を変えてみて良い担当者に当たるよう動いてみましょう。

今の環境を変えることは労力がかかりますが、自分の将来の為だと思って行動することが大切です。

まとめ

いかがでしょうか。派遣社員の給料が安いと言っている人でも、意外と交渉術を行っていないことが多いのです。正社員と違って、行動しなければ給料は上がりません。まずは行動することを考えることが大切です。そして、あくまでも強気の立場で交渉を行う事も大切です。せっかく交渉という勇気を出したのですから、最後まで自分に自信をもって「必ず昇給してやる!」という気持ちを持ちましょう。

派遣会社だって派遣先だって優秀な人材を逃したくはありません。常に向上心を持って、自分が優秀であることを日ごろからアピールすることで昇給の可能性は高くなります。

皆さんも派遣社員として満足のいく給料を貰えるように、常に交渉の気持ちを忘れないようにしましょう。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)