派遣就業の悩み相談

派遣先の仕事に寝坊した!遅刻の連絡やその後の対応はどうする?

寝坊による遅刻というのは、派遣先の企業やあなたの雇用主である派遣会社からの信頼を損ねてしまうため、できる限り注意する必要があります。しかし中には、「どうしても寝坊してしまう」「わかっているけど寝坊グセが治らない」と悩む方がいるのではないでしょうか?

寝坊をしてしまった際に大切なのが、当日の対応と今後の対策です。この2つをおろそかにしていると、あなたは周りからの評価を大きく下げることになるでしょう。

遅刻という“ミス”をしてしまったときこそ、正しい対応と対策が必要不可欠です。そこでこの記事では、寝坊による遅刻をしてしまったときの対応や、今後の対策方法について紹介していきます。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)

派遣先へ早く電話を!遅刻連絡を最優先にする

寝坊で派遣先の仕事に遅れてしまう際、まずは「派遣先の責任者に連絡をすること」が大切です。遅刻が確定したらできる限り早く、派遣先の企業へ“電話で”連絡を取るようにしましょう。

派遣先へ電話をする際に謝罪するのはもちろんですが、加えて伝えるべきこととして、

  • 簡単な遅刻理由
  • 派遣先の会社への到着予定時間
  • 間に合わないアポや会議などの引き継ぎ

などが挙げられます。最低限、これらのことは電話にて話すようにしてください。また、そのほかに相手から聞かれることには落ち着いて答えるようにしましょう。

ここで気をつけるべきなのは、“到着時間”の伝え方。寝坊してしまって焦る気持ちもあるでしょうが、無理をしすぎない到着時間を伝えるようにしましょう。身だしなみがいい加減なままに仕事へ行っては失礼ですし、電車や道の都合で遅れてしまう可能性も考えられます。

焦る気持ちもあるでしょうが、まずは冷静に急ぎつつも無理をしない到着予定時間を伝え、その時間に間に合うように準備を進めていきましょう。

寝坊を派遣先へ伝えるときに気をつけることは?

寝坊で遅刻してしまった際、派遣先に着いたら「なぜ遅刻をしたのか?」について説明することになるでしょう。このステップを億劫に感じ、「会社に着いたらどう説明しよう…」と悩む方は多いはずです。

「正直に寝坊と伝えるべきか」「何かうまい言い訳はないのか」「なんで寝坊したのか…」など、出勤途中にいろんな考えが頭に浮かぶのではないでしょうか?

ここでは、遅刻理由を派遣先に伝えるときに気をつけるべきことを紹介していきます。先述の通り、遅刻したときに大切なのは「その後の対応」ですので、適切な対応をできるようにしましょう。

言い訳は不要!「寝坊をした」と正直に伝える

寝坊をしてしまった際、あなたの頭を悩ませるのは「遅刻した理由をどう伝えるか?」の部分でしょう。しかしここで下手な言い訳はせずに、正直に「寝坊が原因で遅刻してしまった」と伝えることをオススメします。

たしかに、「寝坊した」という遅刻理由は派遣先の企業もプラスには捉えないでしょう。しかし仮に言い訳がバレてしまえば、派遣先からの評価はもちろん、派遣会社にまで迷惑をかけてしまう恐れがあります。

それに嘘をつくことで、「嘘が嘘を呼ぶ」という状況にもなりかねません。最初の嘘を守るために新たな嘘を繰り返して神経をすり減らすような状況は避けるべきですので、下手な言い訳をせずに正直に謝るのがベストでしょう。

もちろん、寝坊した理由までは正直に伝える必要はありません。「昨晩遅くまで遊んでいて…」「夜中のテレビ番組を見ていて…」など、ネガティブに捉えられる恐れがある理由は伝えずに「寝坊した」と伝えるだけでも十分でしょう。

寝坊を伝えたくない場合は「遅刻の言い訳」を

寝坊で遅刻をした際、派遣先には言い訳をせず正直に謝罪することがベストです。しかし中には、「どうしても寝坊したと言いたくない」という方がいるかもしれません。その場合は、何かしらの“言い訳”をうまく活用する必要があります。

遅刻における言い訳の例としては、

  • 前日から体調が悪かった
  • 出勤日を勘違いしていた
  • 通勤途中でトラブルに巻き込まれた
  • 忘れ物をして家へ取りに帰っていた
  • 自転車がパンクしてしまった
  • 人を助けていた

などが挙げられるでしょう。

このような“言い訳”を活用する際に必要なのは、「嘘が嘘を呼ぶ状況を事前に覚悟しておくこと」と「自身が置かれている状況との矛盾を作らないこと」です。この2つをいい加減に認識していると、派遣先に言い訳がバレてしまってトラブルにつながる可能性も考えられます。

言い訳を活用する場合は、「これを追求されたらこうやって答えよう」「自身が置かれている状況と照らし合わせて矛盾はないか?」などを考え、極力バレてしまわないような工夫が必要になるでしょう。

態度で示す!大切なのは今後の対応や遅刻の防止

寝坊での遅刻をしてしまった際、多くの人が最初に考えるのは「遅刻理由をどう伝えるのか?」という点でしょう。しかし本当に大切なのは遅刻理由の伝え方ではありません。あくまで「今後の対応や態度、同じことをしないための取り組み」が大切であることは覚えておくべきです。

遅刻というのは、正社員であろうと派遣社員であろうと極力避けるべきことです。しかし、一度してしまったミスは取り消せないもの事実。そのミスに対して「理由をうまく伝えて許してもらおう」と考えていては、根本的な問題が解決することはないでしょう。

あくまで大切なのは「同じミスを繰り返さない」ということ。ミスをして派遣先に迷惑をかけてしまった以上、自身の保身よりも先に、相手への謝罪の気持ちや今後の対策を優先的に考えるべきです。ですので、派遣先に到着した後は迷惑をかけた人に謝ったうえで、「次はもうしない」と伝えるのがベストだと言えます。

もう遅刻はしない!簡単にできる寝坊対策とは?

当然ながら、仕事に遅刻するというのは派遣先の企業へプラスの印象を与えませんし、あなたの雇用主にあたる派遣会社にもそのミスは伝わるでしょう。ですので、できる限り寝坊による遅刻はなくさなければなりません。

しかし中には、「どうしても朝が起きられない」「夜があまり眠れずに寝不足になる」と、寝坊が“クセ”になっている方も多いでしょう。その状況を放っておくと派遣先での信頼関係にも悪い影響を与える恐れがあるため、できる限り早く改善することが大切です。

そこでここからは、毎日簡単にできる“寝坊対策”を紹介していきます。

○生活習慣の改善!睡眠の質を高めるための方法

寝坊が習慣化しているというのは、基本的に“睡眠不足”が原因であると考えられます。人間にとって睡眠は「脳と身体の休息時間」であり、睡眠不足は「心と身体が十分な休憩をとれていない」ということ。これでは寝坊してしまうのはもちろん、日々のパフォーマンスにも悪い影響を及ぼすでしょう。

睡眠不足を解消するためのポイントは、睡眠の“量と質”の改善です。睡眠の量と質を改善するためにできる簡単な方法として、

  • 寝る直前にはスマホを触らない
  • 夜の余計な時間を極力減らす
  • 食事や風呂は寝る2時間前に済ます
  • 前日夜の飲酒は控え目にする
  • 寝る前にストレッチを行う

などが挙げられます。睡眠習慣の改善と聞くと遠回りに聞こえるかもしれませんが、習慣を一度改善することで寝坊するリスクをかなり下げられるはずです。最初からすべてに取り組まなくてもいいので、できることから徐々に始めていきましょう。

早めに起きる!朝の時間にゆとりを作っておく

この方法は寝坊対策というよりかは“リスク管理”に近いものですが、「朝の時間にゆとりを持つこと」も大切なことのひとつ。普段起きている時間よりも早く起きる習慣をつけることで、万が一寝坊してしまった場合に備えておくのも手です。

当然ながら、普段よりも30分早く起きる習慣が身につけば、たとえ30分寝坊したとしても会社へは十分間に合います。つまりは、この“30分の余裕”こそが寝坊のリスクを大幅に下げるのです。

ただ一方で、30分早く起きるということは「夜は30分早く寝る」ということ。これを聞いて「時間がもったいない」と感じる方がいるかもしれません。しかしそれは間違いで、その早く起きた30分にネットのニュース見たり読書したりと、あなたがしたいことをすればいいのです。

極端な話「前日の夜にしておきたかったことを朝にする」くらいの気持ちでかまいません。この生活習慣を身につけることで、時間をうまく活用しつつも「寝坊したときのリスク管理」ができるはずです。

まとめ

寝坊での遅刻をしてしまったとき、多くの方は「派遣先に遅刻理由をどう伝えよう…」と頭を悩ませているでしょう。もちろん遅刻理由を伝えるのは大切なことですが、自身の保身を考えすぎるあまりに、派遣先や派遣会社への迷惑を拡大しないようにはするべきです。

遅刻してしまったときに大切なのは、当日の対応と今後の対策になります。当日は「どう対応すれば迷惑を最小限に抑えられるか」、今後については「寝坊しないためにどうすればいいか」と考えながら冷静かつ迅速に行動するようにしましょう。

また、中には“寝坊グセ”が染み付いている方がいるかもしれません。その場合、まずは自身の睡眠習慣を見直しつつ、当日朝における時間の使い方についても見直してみてください。

当然ながら、遅刻というのはあなた自身の評価を下げてしまう行為です。ミスをしてしまったときこそ周りのことを考え、適切な行動をとることで評価の下げ幅を小さくする努力も必要になるでしょう。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)