派遣就業の悩み相談

ストレスを解消する!派遣社員が抱える仕事の悩みとの付き合い方は?

仕事をするうえで避けられない“ストレス”。毎日の仕事でストレスを感じ、「解消するために何をすればいいか?」「どうすればストレスを感じなくなる?」と悩む方は少なくないはずです。

特に派遣社員として働く方は、正社員との扱いの差や理不尽な上司への対応、派遣先における仕事の進め方など、ストレスを感じる機会が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、派遣社員の方が抱えるストレスの解消方や、ストレスに対する向き合い方について紹介していきます。

イラっときた!職場でできるストレス解消法とは?

派遣社員の方は、派遣先の会社にて多くの場面でストレスを感じるでしょう。派遣社員として働いていると“理不尽”を感じることも多く、イラ立ちや憤りに耐えられない方も少なくないはずです。

中には、その場で怒り出したくなるようなストレスを感じることもあるのではないでしょうか?

ここでは、職場でもできるストレス解消法を紹介します。ストレスを感じたとはいえ、その場で発散すれば大問題になるため理性的な方法を活用してストレスと付き合っていきましょう。

席を離れる!その場にいると考え込んでしまうだけ

派遣先で強いストレスを感じたときは、とにかくその場を一時的に離れてみることをオススメします。その場にいるとイラ立ちは強くなる一方ですし、そのままの状態で仕事しても望んだ成果が出るはずありません。

もちろん、その場を離れることですべて解消できるわけではありませんが、ある程度は気持ちが落ち着き、心が楽になる効果が期待できます。その場を離れれば誰かにあたることはなくなるため、余計なトラブルも回避できるでしょう。

席を離れる理由はなんだってかまいません。ストレスを感じたときは、他の部署への用事やお手洗いなど、とにかくその場を離れて一息つくようにしましょう。多少気持ちが楽になりますし、冷静に次の仕事へ取り組めるようになるはずです。

大きく息を吐いて深呼吸!簡単かつ効果的な解消法

派遣先で強いストレスを感じたときは、その場から一度離れるのがベストです。とはいえ、場合によってはその場から離れられないケースもあるでしょう。その際は一度仕事の手を止めて、“深呼吸”をするようにしてください。

このときの深呼吸はできる限り深く、ゆっくりと行うことが大切になります。ストレスを感じた際はゆっくり深呼吸をして、“10秒間”は言葉や行動に出さないようにしてください。最初の10秒さえ乗り切れば少しずつ気持ちが落ち着いていくはずです。

また深呼吸をするのと同時に、可能な状況であれば目をつぶって、瞑想してみることをオススメします。瞑想していれば次第に冷静な気持ちを取り戻せますし、ストレスも多少は軽くなるでしょう。

ストレスを感じる!プライベートでの解消法は?

派遣先でストレスを感じた際は、とにかくすぐに言葉や行動にせずに「一度手を止める」ことをオススメします。しかしこのような対処を続けたとしても、あなたの中にはストレスが徐々に溜まっていくのも事実です。

このストレスを解消しない限り、あなたが持つ悩みが解決することはないでしょう。では、このストレスを解消するためにはどうすればいいのでしょうか?

ここからは、プライベートにできるストレス解消法を紹介していきます。うまくプライベートも充実させながら、効率的にストレスを逃していくようにしましょう。

身体を動かす!健康な身体には健康な心が宿る

もし「ストレスが溜まってるな…」と感じれば、身体を動かすことをオススメします。運動は気分的なリフレッシュ効果はもちろん、あなたの身体にも良い影響を与えるでしょう。

というのも、身体を動かすことで“交感神経”が活発になり、あなたの中にポジティブな考えが生まれやすくなるのです。加えて、ストレス対策に効果的なホルモンが分泌されたり、適度な疲労感によって睡眠がしやすくなったりと、精神的にも身体的にも大きな効果が期待できます。

ここでの運動は、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの“有酸素運動”がオススメですが、何かしらの好きなスポーツがある方はそちらでもかまいません。「健康な身体には健康な心が宿る」とはよく言われますので、できる限り運動する習慣をつけて、ストレス解消とともにストレスを感じにくい身体づくりをするべきでしょう。

好きなことに没頭!嫌なことを忘れるための特効薬

「何かに没頭する」というのも、ストレスや嫌なことを忘れるのに有効な手です。特に好きなことに熱中するのは、嫌なことを忘れるための“特効薬”とも言えるでしょう。

あなたには、何かしらの趣味や好きなことはありませんか? もしあれば先述のスポーツはもちろん、音楽鑑賞や何かしらの創作活動、ゲーム、映画などの趣味でもいいですし、好きなことでなくても没頭できるような作業であればかまいません。好きなことに限りませんので、とにかく一度何かに集中して取り組んでみましょう。

中には、「好きなものなんてない」「没頭するようなものはない」と思う方がいるかもしれません。その場合でも、前々から興味があったことや昔よく熱中していたことなど、これを機に取り組んでみるようにしましょう。もしかすると、これを機に“新しい趣味”が見つかるかもしれません。

派遣社員は仕事のストレスとはどう向き合うべきか?

ここまで、職場やプライベートにできるストレス解消法を紹介しました。これらの方法に取り組めば、少しずつストレスは解消していけるはずです。

しかしストレスというのは誰しもが感じてしまうものであり、すべてを消し去ることがむずかしいのも事実。特に派遣社員として働いている方は、日々周りからの理不尽な対応に悩まされてストレスを感じているでしょう。

では、この“ストレス”とはどう向き合うべきなのでしょうか? ここでは、派遣社員のストレスとの向き合い方について考えていきましょう。

ストレスの原因を知って解決するのも必要なこと

ここまでストレスの解消法を紹介しましたが、これらはあくまで“ストレスの逃がし方”であり、根本的な解決策にはならないのが事実です。根本から消し去るためには、まずは“原因”となっているものに対処しなければなりません。

派遣社員として会社で働いている以上、人間関係や仕事量、派遣先の労働環境など、多くがストレスの原因になっているはずです。たとえばこれらの原因に対して、

  • 人間関係:「周りとの付き合い方や対応を考え直す」
  • 仕事量:「仕事のやり方を変えて効率化を目指す」
  • 労働環境:「派遣先で信頼できる人や派遣会社に相談する」

など、ストレスの根本的な原因に対しての“対処”をする必要があります。

もちろん、これらの根本的な原因の解決は簡単ではありません。しかしこれらを解決しない限りは、「どうやってストレスを逃がすか?」と悩み続けることになります。それではあなた自身が疲れ切ってしまいますし、どんどんストレスが蓄積してしまうでしょう。

ストレスの原因は外に、解決のカギは“内”にある

人がストレスを感じるというのは、ほとんどの場合が何かしらの“外的要因”によるものでしょう。派遣社員の方ならば、「理不尽な上司がいる」「仕事量が多すぎて手が追い付かない」「周りからの扱いが悪い」など、自分の“外”にあるものが原因となっているはずです。

派遣社員の方の中には、「自分は長く会社にいるわけでもないし、なぜ私が努力して原因を解決しなければいけないのか?」と疑問に思う方がいるかもしれません。しかし、あなた自身が動かない限りは問題が解決せずにストレスを感じ続けることになるのも事実です。

とはいえ、直接的に他人の言動を変えるというのは極めて困難なこと。間違っても「相手のほうが悪いから強引な手を使ってでも相手の考え方を変えよう」としては絶対にいけません。まずは「どうすればストレスを感じにくくなるのか?」という観点から自身が取り組める対策を考え、ストレスの“原因”と向き合っていくことが大切になります。

まとめ

派遣先での仕事中、おそらくほとんどの方が何かしらのストレスを感じ、それを抱えたまま日々を過ごしているはずです。当然ながら、それは精神的にもポジティブなことではないため、できる限りうまく発散して逃していく必要があります。

しかしストレス解消というのは、一時的に気持ちが軽くなるだけで根本的な解決になっていないのも事実。ストレスを解消するとともに、根本的な原因とも向き合いながら“解決”を目指さなければいけません。

ほとんどのストレスにおいて原因は“外”にありますが、解決するためのカギは“内”にあることは覚えておくべきでしょう。大切なのは「あなた自身がどう考え、ストレスの原因とどう向き合っていくのか?」ということです。まずは何に対してストレスを感じているのかを明確にし、そのうえで「どう向き合っていくのか?」ということを意識していきましょう。