派遣の基礎知識

仕事をしていても何だかつまらない…。派遣社員で理想の働き方を探そう

「仕事って何が楽しいんだろう…」日々仕事をしていると、こんな思いが頭をよぎります。

毎日同じ時間に職場に出向いて、終業時間を待ちながら仕事を進め、忙しい時には残業ばかりで自分の時間もまともに取ることができない…こんな状態では楽しいとは全く思えないですよね。

近年では残業が社会問題になるほどに、働き方を改めようという声が大きくなっています。

そんな中派遣社員という働き方が注目を集めています。

なぜ派遣社員が注目を集めているのか、本記事では派遣社員の魅力について説明します。

仕事のやりがいって何?派遣社員は仕事が楽しいの?

派遣社員が注目を集めていると言われると、派遣社員として働く事が楽しい事だと思ってしまうかもしれません。しかし仕事が楽しいかどうかは、本人のやりたいことができているかどうかが肝心です。

派遣社員は数多くの求人から自由度の高い働き方を選ぶことができるため、自分のやりたい事を見つけやすいのです。そのため満足度が非常に高くなっています。

ではその満足度の高さの要因を詳しく見ていきましょう。

派遣社員はワークライフバランスの満足度が非常に高い

ワークライフバランスとは「仕事と生活の調和」という意味です。具体的には仕事以外の生活を充実させることによって、より一層仕事に対してやる気をもって取り組めているかどうか、という意味を持っています。

派遣社員はこのワークライフバランスの満足度調査で、2017年まで8年間連続で1位を記録しました。自由度の高い働き方を選択できるので、私生活を充実させることができることが要因となっているようです。

自分のやりたい仕事を探すことも簡単ですし、働く場所や日数もある程度決めることができます。毎日やりたくもない仕事を延々やり続けるよりは、自分のスキルアップだけを考えて一生懸命働いているほうが、結果的に満足度が高くなるという事ですね。

短期契約が基本なので、いろいろな会社の業務を経験できる

派遣社員が同じ派遣先で働く期間は最長で3年間です。ですので、色々な会社で仕事を経験できます。正社員を退職して転職するとなると、転職期間が短いことはマイナスイメージを持たれやすいですが、派遣社員は短期で色々な会社を経験することがプラスに働きます。

また合わない会社で働く事になってしまっても、数年で終わりと割り切って働くことができるので、そこまでストレスになることもありません。

もちろん気に入った会社で努力し続ければ、その会社で正社員として雇用される可能性も大いにありますので、仕事にもやりがいが出ますし、スキルアップしようという気になります。

自分の力が発揮できる職場を探しやすいことも、派遣社員の魅力の1つです。

自分に合った働き方を見つけることも簡単!

何度も述べていますが、派遣社員は自由度の高い働き方を選択することができます。

それは決して仕事内容の話だけではなく、勤務時間や場所なども含まれています。

例えば「週3日間だけ働きたい」や「残業はしたくない」等の要望にも、派遣社員なら対応することが可能です。

派遣社員は時間給ですので、勤務時間が短くなってしまうと給料は下がってしまいますが、その分他の方法で自分のスキルアップを図ることによって最終的には自分に返ってくるでしょう。

また子育てや介護などをするために時間通りに終わりたいという事も可能ですので、社会復帰へのハードルが非常に低くなっています。

どういった働き方が合っているかは人それぞれですが、どのような希望にも合わせやすいのは派遣社員でしょう。

仕事がつまらないときは、視点を変えてみることが重要

仕事がつまらないと感じる要因は色々あります。「誰でもできる単純作業」であったり、「激務の割に朱乳が少ない」であったり「上司に怒られる事が多い」であったら様々です。

仕事がつまらないと感じると、その仕事に対してやる気も出ませんので、より一層楽しくなくなってしまうと悪循環に陥ってしまいます。

そんな時は一度視点を変えるという事を忘れないでおきましょう。

本項では、仕事がつまらないと感じた時の視点の変え方について説明します。

何をしている時が楽しいのかを考えて、工夫してみよう

最初に仕事を教えてもらった時からつまらないと感じていることは少ないのではないでしょうか。誰でも最初の方は早く仕事を覚えようと一生懸命になりますし、きっちりと仕事をこなして先輩から褒められようとするはずです。

しかしだんだんと慣れてくることもあって、一生懸命さが薄れていかに楽をしようかという考えに切り替わってしまいます。そんな時は仕事を楽しめるように、いろいろな工夫を行ってみましょう。

例えば自分で制限時間を決めて、その時間内に仕事を終えることができれば何か美味しいものを食べに行くとすれば、テキパキと仕事を終えられるように効率化を考えるのではないでしょうか。

このように何か自分でルールを設定して、ゲームのように仕事をしてみると、楽しさが増すかもしれませんね。他にも自分なりに楽しいと思えることを考えてみてください。

環境を変える決心も大事。慣れというマンネリに注意

仕事に慣れてくると、どうしても楽をしたいという気持ちが強まってしまって、仕事に力が入らないという事はよくあります。また仕事が忙しすぎて楽しさを見出す余裕がないのかもしれません。これもある種のマンネリ化であり、自分を麻痺させて働いているのと変わりない状況と言えるでしょう。

そんな時はいっその事、職場を変えるという決断をしたほうが良いかもしれません。

入社した時の自分の事を思い返して、ちゃんとその方向へ進んでいる実感が出ているのであれば頑張ったほうがいいのですが、長く働いている中でその気持ちが薄れてしまっている場合は要注意です。意外と自分では気づかないうちに心は疲弊しているので、自分の気持ちの確認は行うようにしましょう。

環境を変えることは非常に労力が必要ですが、仕事が楽しくないと悩んでいる方は、自分の将来の事を考えて決断をしてみてください。

楽しい仕事を見つけるには?複数の派遣会社に登録してみよう

派遣社員として働く上で、派遣会社への登録は必要不可欠です。登録は1社だけと決まっている訳ではありませんので、色々な会社に登録可能です。無料ですので、複数登録して働いている方も大勢いらっしゃいます。

複数の会社に登録することはメリットが多く、自分が楽しいと思える仕事を見つけやすいです。

では実際に派遣会社への登録のメリットは何でしょうか。本項で説明します。

派遣会社によって特色が違うので、色々な求人を見ることができる

派遣会社を調べてみると、意外と多くの会社があることに気が付きます。普段は大手の所しか目に入りませんが、中小や専門の会社を含めるとかなりの会社数です。

派遣会社も競合に負けないようにするために、様々な個性を出して人を集めています。

求人の種類もそれぞれ違いますし、福利厚生にも違いがあります。

更に、派遣会社は未公開求人というものを持っており、インターネット上には掲載されていない募集を行っている会社を探すこともできるのです。

各会社の特色を把握して自分のやりたい仕事を見つけるようにすれば、きっと理想の職場で働けるようになるでしょう。

派遣会社の担当者と相談しながら、やりがいのある仕事を探す

派遣会社に登録すると、担当者が付くようになります。担当者は登録スタッフを派遣先に就職させることを仕事としているので、スタッフが気持ちよく働けるように色々な相談に乗ってくれます。

「自分はこういう仕事がしたい」と相談すると、その仕事に最も適した会社を選んでくれますし、将来の事を考えてスキルアップできるような場所も教えてくれます。

普通なら職場探しや就職活動は1人で行うことが多く希望の企業を見つけることが難しいですが、一緒になって相談に乗ってくれる事によって自分の希望を明確に確認することができますし、色々な点で協力をお願いすることができます。

担当者と信頼関係を築きながら、やりがいのある仕事を探してみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。派遣社員がなぜワークライフバランスの満足度が高いかをお分かりいただけたかと思います。仕事がつまらないと感じた時には、まず要因を考えてみることが大切です。そしてその要因を潰すことができるかどうかは環境によって変わってしまいます。

そんな時に色々な選択肢が用意されている派遣社員だと、必然的に自分が楽しいと思える仕事を探しやすいですよね。

近年の働き方改革によって、派遣社員の給与面や安定性に関しても色々な選択肢を選べるようになりましたので、より一層働きやすい環境になっています。

皆さんも仕事に行き詰った時に思い出せるように、派遣社員という考え方も頭に入れておくことをお勧めします。