派遣就業の悩み相談

30代で派遣ってダメ?将来に向けての働き方と、正社員になるコツとは

20代の時は派遣社員で働いていても問題がなかったけど、30代になると正社員を目指したくなったという方が多くいらっしゃいます。自由度の高い働き方を選択できることが派遣社員の魅力ですが、給料面や安定性などを考慮すると少し劣ってしまいます。

また、ようやくやりたい仕事が見つかったので、正社員として腰を据えて働きたいという方もいらっしゃるかもしれません。年齢的には若くないので、しっかりとした将来設計が必要となりますよね。

そこで本記事では、30代での派遣社員の働き方と、正社員になるためのコツについて説明します。

そろそろ安定すべき?正社員への道を模索してみよう。

派遣社員は期限付きで仕事を行うため、契約が終わると毎回職場を探さなくてはなりません。

安定を目指すのであれば、正社員になって長く働けるほうがいいと思うかもしれませんね。しかし派遣社員から正社員になるにはいろいろなハードルがあるため、ただ仕事をこなしているだけでは難しいでしょう。

そこで本稿では、派遣社員から正社員になるための方法について説明します。

今いる会社で認めてもらうために、責任感を持って働こう

派遣社員だからと言って単純作業ばかりをこなすだけでは、中々正社員への道は開かれません。正社員と派遣社員とでは責任感の持ち方が大きく違います。ずっと同じ会社で働ためには、「自分はこの会社の一員なんだ」という強い責任感が必要です。

派遣社員という立場でもその意識を強く持ち、いろいろな業務にチャレンジしてみてください。学ぶ姿勢を会社に見せ、優秀な人材であることをアピールすることで正社員への道を開きましょう。

同じ給料なのに仕事が増えるのは嫌だと思うかもしれませんが、将来を見据えて積極的に仕事をこなしてみてください。

企業の評価が変わればたとえ派遣社員であっても昇給の可能性が出てきます。日頃から評価を意識して仕事をこなしましょう。

資格やスキルを習得して、自分の価値を上げよう

正社員になるためには、「この会社に必要な人材だ」と企業に思ってもらうことが重要です。そのためには自分にスキルを磨かなければなりません。

スキルを見せる手段として一番有効的なのは資格です。資格があれば自分のスキルを簡単に見せることができます。

難しいものであればその資格だけで仕事には困らないですが、そこまで難しいものでなくても、会社に必要とされるような資格勉強をしてみてください。

例えばワードやエクセルの検定や秘書検定など、勉強すれば簡単に取れる資格も存在します。専門職であれば簿記なども有効です。

資格は自分のスキルだけでなく、向上心を示すことにも使えますので、取っておいて損は無いでしょう。

紹介予定派遣を利用して、社員への道を歩もう

紹介予定派遣とは、社員になることを前提として働く派遣社員です。面接や選考を受ける必要がありますが、受かった場合は半年間派遣社員として働いた後に社員として直接雇用されます。

半年間の派遣社員勤務の中で、どのような企業かを知ることができるので、企業とのミスマッチを防ぐことができる点が強みです。企業としても実際の仕事をしている所を見て適性を判断できるのでお互いにメリットのある制度となっています。

社員を目指す人にとっては非常に有効的な手段ですが、必ずしも正社員になれるわけではないということも頭に入れておいてください。

派遣社員から契約社員という段階を踏む会社も存在しますので、求人条件に関してはしっかりとチェックしましょう。

無期雇用派遣として働くってどうなの?メリットとデメリットとは

国が推し進める働き方改革の一環で、無期雇用派遣という働き方が登場しました。これは同一の会社での勤務が5年を超えると、無期限での雇用に変更することを申請できるというものです。

派遣社員は期限付きで働くことから安定性が低いと言われていましたが、無期雇用派遣のおかげで安定性が増したと言われています。

では、無期雇用派遣とはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。本稿ではそちらを解説します。

登録型の派遣とは違った給与体系で、安定性が上がる

無期雇用派遣では、給料は月給にて支払われます。登録型派遣は時給ですので、給料体系は全く別物と考えていいでしょう。無期雇用派遣は働いていない間でも給料が支払われます。

登録型派遣は次の仕事が見つかるまでは給料が支払われませんので、安定性にかなりの違いが生まれます。さらにボーナスが支給される可能性も高くなり、登録型よりも年収が増える可能性も高いです。

月給で支払われることになるため、派遣先での勤務は基本的にフルタイムになり、派遣されていない期間も派遣会社で仕事をする可能性が出てきます。

自由な働き方ができる登録型よりは自由度が下がってしまいますが、安定面を重視している人にとっては良い制度だと言えます。

決して正社員ではないため、契約を打ち切られる可能性は残る

無期雇用といっても、契約を打ち切られてしまう可能性は残ります。

正社員であれば終身雇用が前提の為、たとえリストラを受けたとしても拒否する権利が残りますが、無期雇用派遣ではその権利はありません。

打ち切られないためには、自分自身のスキルアップを常に行い、会社から認められなければなりません。

また、無期雇用派遣は制度が整って間もないため、無期雇用派遣から正社員になったという実績は多くありません。

安定を求めて正社員を求めていたはずが、いつのまにか無期雇用派遣で契約打ち切りにおびえながら仕事をする…という事態に陥らないためにも、無期雇用派遣の制度についてもしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。

30代で未経験って間に合う?将来を見据えて仕事を決めよう

「ようやくやりたい仕事が見つかったけど、30代から未経験って不安…」と考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに企業も若い年代の人を採用する傾向にありますので、就業までのハードルは低くないでしょう。

しかし仕事の経験に関しては30代のほうがもちろん豊富です。自分の経歴を武器に、採用される方法を考えましょう。

本稿では未経験の仕事の決め方について説明します。

自分の経験を見つめなおして、活かせる部分を考える

たとえ未経験の仕事であっても、自分の経験を活かせる場所は絶対に存在します。例えばパソコンスキルであれば今の時代どの会社でも通用するでしょうし、接客経験であれば事務職になったとしても電話応対や来客応対で利用できます。

何かと活かせる部分は絶対にあるはずですので、そこをうまく企業の人にアピールすることで印象を良くしてみてください。

また本当にその仕事をやりたいと思うのであれば、その仕事に関する資格を先に取ってしまうことも有効的です。簡単なものであっても、向上心をアピールできますので、面接でも効果的なプレゼンができるようになります。

今まで培ってきた自分の強みを利用して、企業へのアピール方法を考えましょう。

若い人に負けないために、ある程度数を打つことも必要。

30代ともなると、どうしても経験や実績を求められてしまいます。未経験OKの求人では若さや情熱を求められがちですので、少し企業の思惑とは違うかと思われます。

ですので数回落ちてしまうことは仕方のないことだと考えて、数をこなしましょう。1度や2度では諦めずに、何度も挑戦することによって自分の弱みが見えてきますし、攻略方法もわかってくるはずです。

派遣会社の担当者とも相談してみてください。派遣会社は人材に関してのプロフェッショナルですから、プロの目から見た改善点を指摘してくれるでしょう。

面接を繰り返していると心が折れそうになりますが、やりたいことを叶えるためだと思って頑張ってみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。年齢を重ねるにつれて将来に対して不安な気持ちが募るかと思われます。安定性を高めるにしろ、自由度の高い働き方を選ぶにしろ、自分のスキルアップを常に考えることが重要になってきます。正社員になりたいのであれば企業に認められるほどのスキルが必要です。

あくまでも年齢は判断基準の1つでしかありませんので、自身の年齢を気にせずに、将来の事をしっかりと考えて行動しましょう。

もちろん派遣社員でも正社員より多くの給料をもらっている人もいますので、いろいろな道を模索してみてください。

40代になって後悔のないような選択ができるよう、今のうちから頑張ってみてください。