派遣就業の悩み相談

派遣元の変更ってできる?注意点とメリット・デメリットの解説

派遣社員は派遣会社に登録することで仕事を見つけます。派遣会社は派遣社員に働いてもらうことによって利益を得ています。

本来であれば二人三脚で業務をこなさなければなりませんが、「いま働いている派遣会社の対応が悪い」「新しい派遣会社のほうが同じ仕事でも待遇がいい」といった不満が出ることも少なくありません。

そんな時に派遣会社を変更したいと思いますが、変更することでどのような変化が起きるのでしょうか。

本記事では派遣元の変更に関する注意点とメリット・デメリットについて解説します・



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)

派遣元の変更をしたいときの注意点って何がある?

派遣元の変更は、派遣会社同士と派遣先の許可が出れば可能です。どこの派遣元で働くかは労働者の自由ですので、派遣先を変えてはいけないという理由がありません。

ですが、「じゃあ変更する!」と単純に思っても中々変更できないことも事実です。変更のためにはいろいろな段階を踏んで、ちゃんとした処理を行う必要があります。

本稿では、派遣元変更時の注意点について記載します。

黙って変更するとトラブルの元。話し合うことを忘れないようにしよう。

労働者の自由だからと言って、前の派遣会社に何も告げずに派遣元を変更するとトラブルの元となります。

前の派遣会社からすれば「引き抜き」のように思われてしまい、新しい派遣先を訴えるといった事態になりかねません。

また、派遣先の会社と派遣社員間だけで取り決めを行うこともできません。なぜなら、派遣社員はあくまでも派遣会社と契約を結んでいますので、派遣先の企業は労働契約に関しては関与できないからです。

ですので、まずは今いる派遣会社としっかりと話し合って、退職の手続きを踏んでください。

場合によっては新しい派遣会社も同席して話し合う必要も出てくるでしょう。

後々のトラブル回避のためにも、勝手に行動せずに順序を踏むようにしましょう。

契約期間中の変更は難しいので、契約更新時に確認してみよう。

派遣社員は期限を決めて労働契約を結びますので、その契約中の派遣会社の変更は基本的に厳禁です。派遣会社に相談しても「契約中は無理だ」と言われることが多いでしょう。

ですので、契約更新のタイミングを狙って相談してみてください。更新前でしたら引き留める理由が派遣会社にはありませんので、比較的スムーズに派遣元を変更することができます。

もちろん新しい派遣会社に契約を結んでおかなければなりませんので、同時並行で新しい派遣会社とも連絡を取ってください。

スムーズな変更処理ができなければ派遣先からクレームが来るかもしれませんので、注意して行うようにしましょう。

派遣元を変更して、自分にメリットってあるの?

同じ会社で働くだけなのに、メリットってあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。同じ会社で働いていたほうが後々有利なんじゃないの?とも思うかもしれませんね。

もちろん同じ会社で働き続けることのメリットもたくさん存在しますが、新しい環境で働くことにもメリットは存在します。どちらを選択するかは自由ですが、メリットを勉強しておいて損はありませんよね。

本稿では、派遣元変更時のメリットについて説明します。

給与面や福利厚生などの待遇が良くなる可能性あり

同じ仕事でも、新しい派遣会社のほうが給料が高いという事案は少なくありません。派遣先が同じ給料を払っていても、派遣会社の仲介手数料に差があるためこのような事案が起きるのです。同じ会社で高い給料がもらえるのであれば、労働屋からしては魅力的ですよね。

また、派遣会社によって利用できる福利厚生は違います。有休や産休といった労働者の当然の権利はもちろん利用できますが、ほかにも資格講座やマナー研修などの利用や施設の割引サービスの利用など、会社によって様々です。

福利厚生に関しては会社を変えたからと言って良くなるとは限りませんが、派遣会社を選択する際のチェックポイントとして覚えておきましょう。

派遣会社の担当者も変わるため、人間関係が良好になるかも

派遣社員の悩みとして人間関係が挙げられます。派遣会社の担当者と合わないという理由で派遣会社を退職する人は少なくありません。

新しい派遣会社に代わることによって、良くも悪くも人間関係はリセットされます。合わないと思っていた人と仕事をする必要もなく、新しい人と信頼関係を気付いていくことができることはメリットと言えるでしょう。

反面、今の派遣会社の人間関係で満足しているという場合はその限りではありません。せっかく良い関係を気付いていても、会社を変更してしまうとその人とは仕事ができなくなってしまいます。

どちらを選ぶかは今の環境次第ですが、人間関係に悩んでいる方には派遣先の変更を候補に入れてもよいかもしれません。

派遣元を変更する上でのデメリットって何?

メリットについて述べましたが、しっかりとデメリットについても確認しておきましょう。

給料面の改善につられて派遣会社を変更したものの、やはり前の会社のほうがよかったと思わないように、リスクについても考えなければなりません。

本稿では、派遣元の変更についてのデメリットについて説明します。自分の生活が良い方向に向かうように、じっくりと考えてみてください。

元々所属していた派遣会社との関係が悪化するかも

派遣会社からすれば、新しい派遣会社に移行されることはあまり気持ちの良いものではありませんよね。

どの会社でも優秀な人材を確保するために研修やフォローアップなどで人材育成を行っています。その労力が無駄になってしまうわけですから、良い印象ではないですよね。

印象が悪くなってしまうと、以前の会社での求人紹介が無くなってしまうかもしれません。

派遣社員は新しい仕事を定期的に探さなければならないので、紹介が無くなってしまうことはデメリットとなってしまいます。

新しい派遣会社がちゃんと求人紹介を行ってくれれば問題ないですが、その点を不明瞭なまま変更してしまうと後々苦労してしまうかもしれません。しっかりと確認するようにしましょう。

実績がなくなってしまうので、0から積み上げる必要あり。

以前の会社で積み上げた実績は0になってしまいます。最もわかりやすい例を挙げるとすると、有給休暇はリセットされてしまいます。同じ場所で働いていても、有給を使うまでにさらに時間を要してしまうことになりますので、働いている側からすれば損ですよね。

他にも派遣会社が決めている昇給規定などは白紙になりますので、新しい派遣会社で実績を積んでいく必要があります。

また今は「無期雇用派遣」という働き方が存在し、同一の会社で5年以上労働している実績があれば派遣会社で無期限の雇用を受けることが可能です。その条件もリセットされてしまうので、将来的に自分にどう影響するかを考えたうえで選択するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。派遣元の変更は短期的に見ればメリットも大きいかもしれませんが、長期的に見た時にどのような影響があるかも把握しておかなければなりません。

変更する際にも正しい手順を踏まなければ後々のトラブルに繋がってしまうかもしれませんので注意が必要です。

派遣元の変更を後悔することが無いように、メリットやデメリットを知ったうえで総合的に判断することを心がけて下さい。

また、派遣元を変更するだけでなく、今の派遣会社にちゃんと相談することで改善されることもありますので、一度話し合いを設けることもよいかもしれません。

自分自身が良いと思える派遣生活を過ごせるよう、行動を起こすようにしてみてください。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)