登録から仕事をはじめるまで

4つの対策で紹介予定派遣の面接を突破!知って起きたい基礎と準備

普通の派遣とは違い、最終的に直接雇用を前提とした紹介予定派遣では、原則として面接が行われます。

しかし、一般的な就職活動の面接とは異なる点が多いため、「いったいどうやって対策をすればいいの?」と不安になる方も多いですよね。

そこで本記事では紹介予定派遣の面接の実際の様子や、面接を突破するための対策法について詳しくご紹介します。

これから紹介予定派遣の面接を控えている方はぜひ読んで参考にしてみてくださいね。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)

紹介予定派遣の面接の流れ&詳細をレクチャー

まずは紹介予定派遣の面接の流れや方法について見ていきましょう。

一般的な就職活動の面接では、履歴書やエントリーシートを元に個人面接をされたり、集団面接でデスカッションをしたりと、様々なスキルが試されますよね。

紹介予定派遣の面接ではそれに比べるとかなり安心感があります。

というのも原則派遣会社の担当者が面接会場まで同行し、面接に立ち会う場合も多いからです。派遣会社のバックアップを受けて行われるのですね。

個人面接?集団面接?紹介予定派遣の面接はどう行われるの?

まず紹介予定派遣の面接は事前の書類選考にパスすることが条件となっています。

書類選考通過後は面接の日時を派遣会社の方から知らされ、当日は面接時間よりも早く、まず派遣会社の担当者と合流し、打ち合わせを行います。

ここで面接のポイントなどを再確認し、時間に余裕がある場合は面接のリハーサルを行う場合もあります。面接は基本的に個人面接で、派遣会社の担当者が立ち会う場合と立ち会わない場合があります。

普通、面接と言えばその会社の人事担当者が行いますが、紹介予定派遣の場合実際に働くことを念頭に置いて、採用ポジションの現場の社員が行うこともあります。

そして面接と同時にSPI、性格診断テスト、漢字書き取りなどの筆記試験も行われます。

面接の時間はどれくらい?どんなことを聞かれるの?

紹介予定派遣の面接時間は、会社によって異なりますが中にはまれに60分を超えるような大掛かりな面接になることもあるようです。

面接ではこれまでの職務経歴や志望動機、自分の長所短所といったどの面接でも聞かれる基本事項は必ず聞かれます。また会社に対するイメージを聞かれたり、会社についてどれだけ知識があるのか、ということを聞かれます。

面接時間が長い会社の場合、特にこの会社への知識と情熱に関してかなり深く追及されることが多いため対策が必要です。

これまでの職歴でブランクがあった人は、ブランクがなぜあったのか、その期間に何をしていたのかといったことも当然聞かれます。

短期派遣でたくさんの派遣先に出向いてきた人はその理由やそこで何を得たかといったことも答えられるようにしておかなければなりません。

合格を勝ち取る!失敗しないための紹介予定派遣の面接対策

紹介予定派遣の面接の流れは、上でご紹介した通りです。

ここからは、紹介予定派遣の面接対策として具体的にどのようなことに注意すればいいのか、を見ていきたいと思います。

就職活動で面接対策をした経験がある方は、その当時の経験を思い出しながら、再度自己分析などをしていきましょう。

基本的に面接での受け答えは短すぎて内容が不足していてもだめですし、長すぎてまとまりのないことをしゃべってしまってもダメです。

適度な長さで簡潔な応答をできるように心がけましょう。

正社員の面接と同じ?服装や髪型はどうすればいい?

まず面接時の服装や髪型ですが、基本的に清潔感を醸し出し良い印象を与えるもの、が原則です。

就職活動中の学生の服装のように、ダークカラーのスーツに白のシャツ(女性はブラウス)、黒髪で長い髪の方はポニーテールのようにまとめる、というふうにすれば一番無難と言えます。

ただ、派遣社員として活躍されている方は年齢も様々ですから、その年齢にふさわしいベストな服装が存在します。

例えば40歳の方が20歳の就職活動中の学生と同じ格好をしてしまうと違和感がありますので、髪のまとめ方を少しラフにしてみたり、スーツの色を若干明るめにするなど年齢相応の見た目を演出してみましょう。

派遣会社の担当者は紹介予定派遣にたくさんの派遣社員を送り出してきていますから、その都度担当者に聞いてみると一番良いでしょう。

自分の長所や短所、基本的な質問にはすらすら答えられる?

面接で必ず聞かれるのが長所と短所です。こういった基本的な質問には間を入れずすらすらと答えられるようにしたいもの。

「昔就職活動でひととおり自己分析などをやった」という方も、その時と現在の自分のギャップもありますから、もう一度自己分析などをやり直す必要があります。

必須の質問には想定される答えをある程度自分でノートにまとめるなどして反射的に答えが出るようにしておきたいですね。

基本的に長所と短所はコインの表裏のようなものですから、まずは短所を述べその裏返しとしてこういう長所がある、といったような論理展開でしゃべると、話の最後を長所で終えることができますから、面接官にもいい印象を与えることができ、好意的です。

熱意をアピール!派遣先の会社の分析はちゃんとできてる?

派遣先の会社についてどれくらい知識を持っているのか、どれくらいその会社で働きたいという熱意を持っているのか、は必ずチェックされるポイントです。

まずはその会社の概要などをホームページやパンフレットで学んでおきましょう。そして自分がなぜその会社の紹介予定派遣に申し込むことにしたのか、志望動機をしっかりと説明できるように準備します。

さらに、面接では派遣社員の方から「何か質問はございますか」と質問を求められることも多いため、そこで会社についていくつか質問ができるように質問を用意しておきましょう。

派遣先の会社に興味を持っているというふうにアピールをすることができるからです。派遣会社によっては面接のある会社についてのレクチャーを、面接対策として行ってくれるところもあるため、機会があればぜひ利用しましょう。

他の派遣と差をつける!一歩踏み込んだ質問への対策

さて、長所短所や志望動機と言った一般的な質問とは違い、どちらかというと答えにくいような質問にはどのように対応していけばいいのでしょうか。

基本的には自分にマイナスの評価をつけられないように、前向きな答えで返していけるように心がけるのが吉。答えにくい内容の質問をいかにうまく切り返していくのか、という部分も含まれて面接官に見られています。

ここではそんな、一歩踏み込んだ質問への対策法をご紹介していきましょう。

前の職場を退職した理由、きちんと説明できる?

派遣社員になる前の会社をなぜ退職したのか、派遣社員になってから契約途中で退職した経歴がある場合はなぜそうなったのか、きちんと説明を求められることもあります。

中には職場でのパワハラなど本人に非が無くても、強いストレスなどが原因で退職を余儀なくされた方もたくさんいらっしゃいますよね。

しかし、面接の場ではあくまでも、そのような前の職場を批判するような発言はNG。人間関係の悩みで仕事を辞めたと素直に言ってしまうと、「またうちの会社でも同じような問題で辞められるのでは…」という懸念を抱かせてしまうからです。

体調を崩した、家庭の事情など、「それなら退職しても仕方がない」とうなずけるような理由で答えるようにしましょう。

仕事のブランク期間には何してた?ちゃんと言える?

依然として就職は困難な時代にあり、中には新卒を逃したために派遣社員をやっている方も多いのではないでしょうか。

大学卒業から派遣社員までに時間が空いていたり、派遣と派遣の間にも時間が空いていたりなど、経歴は人によって様々だと思います。そういったブランク期間は必ず面接で追及されるポイント。

ブランク期間に何もしていなかった、のではなく、将来に向けて努力をしていたという印象を与えるような応答をすることが大切です。

例えば例えば自身のスキルアップのために資格の勉強をしていた、セミナーや説明会などに頻繁に通っていた、などです。

もちろん、再就職に向けて就職のための試験や面接をたくさん受けて奮闘していたというのも立派な答えになります。

短期の派遣が多い?転職の回数が多い理由を説明できる?

紹介予定派遣は将来的に直接雇用を前提とした派遣ですから、会社としても長く安定して働けるような人材を探しています。

一方派遣社員というのは基本的に3か月程度の短い雇用を繰り返すという働き方です。

同じ派遣先で更新を何度もして長年働いているのならいいのですが、中には1つの派遣先で更新をしないことが多く、たくさんの派遣先を転々としてきたという方も多いですよね。

その場合、なぜ更新をせずいろんな派遣先を回ってきたのか、ということに関して必ず質問を受けます。

この場合も、ブランク期間の説明と同様に、「いろんな業種を経験することで自分のスキルを上げたかった」など前向きととれるような回答を心がけましょう。

特に理由が無い場合でも、家庭のことを最優先するためにその時その時で条件に合う派遣先を探してきた、などマイナス要素の少ない受け答えをしましょう。

ただし、その場合は「現在は家庭も落ち着いたので、今は長期で安定して働くことができる」とフォローを入れるようにしましょう。

紹介予定派遣の面接後の基本的な流れをチェック!

さて大変な紹介予定派遣の面接が終り、一段落したら、面接後の流れについても考えていきましょう。

紹介予定派遣では実は面接前にある程度、派遣先と派遣会社の間で応募者の基本情報は共有されています。

そのうえであなたが実際にどれくらい意欲をもってその会社を志望しているのかを確認するため、今後のあなたの会社への貢献度を期待して雇用に進むことも多いのです。

そのため、よっぽど競争率が高くなくて、面接で失敗をしなければ合格をもらえる可能性は高いです。したがって、ある程度合格が出ることを想定しておくと良いでしょう。

面接が終ったらどれくらいで結果が分かるの?

面接が終ってから概ね一週間以内には結果が分かるようになっています。結果は基本的に派遣会社から応募者であるあなたへ知らされることになります。

合格の通知が出た後最終的にその会社に出向くかどうかの意思確認をされますので、きちんと自分の中で答えを出しておきましょう。

万が一辞退をする場合は、相応の理由を考えておかなければいけません。意思確認を終え最終的に紹介予定派遣が決まったら、そこから6カ月間派遣として出向くことになります。

その期間は、筆記試験や面接で得たあなたの情報と実際の働きぶり、スキルややる気が一致するのかどうかを慎重に見極められます。

基本的には直接雇用を前提とした派遣ですが、紹介予定派遣期間中にあなたを直接雇用してもいいかどうか最終的に判断されるのです。

そのため、気を抜くことなく真面目に勤務することが必要です。問題なく勤務ができた場合はほとんどの方が半年後、正規の社員としてキャリアをスタートさせることになります。

もし不合格になってしまった場合はどうすればいい?

紹介予定派遣が不合格になった場合はなぜ不合格になったのかという分析が必要になります。

多くのケースでは派遣会社の担当者が面接に同行してくれていますから、担当者にフィードバックを求めるのが最善と言えます。面接で至らなかった点を再度練習しなおし、次の面接に向けて生かしていくのですね。

また、フィードバックの結果面接にあまり問題点がないようであれば、筆記試験の結果がふるわなかったということも考えられるため、SPIなどの対策をやり直す必要もあります。

ただし、紹介予定派遣はそうたくさんある求人ではないため、すぐに次の紹介予定派遣の面接を受けられるとは限りません。

普通の派遣として勤務を積みながら次のチャンスをうかがうということも必要になってきます。

まとめ

紹介予定派遣は直接雇用を前提とした特別なスタイルの派遣です。

企業側が派遣会社に求人を出し、派遣会社は登録されている派遣社員の経歴などを見ながら、本当に紹介予定派遣の面接に進ませてよいのかどうか判断します。

つまり、紹介予定派遣の面接を受けられる時点である程度、あなたは好意的に受け止められているということ。社会人としての最低限のマナーやスキルを持っていれば、普通に受け答えをするだけで合格の可能性は十分にありますから落ち着いて面接に臨むことが必要です。

ただし、ぶっつけ本番で臨んでしまうのは危険ですし、ある程度想定される質問に対して、適度な長さで簡潔に回答をするための練習は必要です。

派遣会社の主催する面接対策なども利用しながら自分が最大限の力を発揮できるように、面接対策を行いましょう。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)