派遣就業の悩み相談

要確認!紹介予定派遣を断る時にやってはいけない5つのこと

紹介予定派遣は、雇用のミスマッチを防ぐことができる仕組として、派遣社員として実際に働く期間が設けられています。派遣期間は3~6カ月程と短いですが、これだけの期間があれば企業にマッチしているのか判断することは可能です。

もちろん、この派遣期間でミスマッチだと思うことがあるでしょう。時には、派遣先はマッチしていると思っていても、派遣スタッフ側はミスマッチだと感じる場合もあるかもしれません。

もしもミスマッチだと感じたら、直接雇用を断る必要があります。紹介予定派遣を断る時にはいくつか注意しておきたいことがあるので、これから断ろうと考えている方はぜひこの記事を参考にしてください。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)

紹介予定派遣でも直接雇用を断ることは可能!

紹介予定派遣で働いている方の多くが気になっていることといえば、直接雇用を断っていいのかということです。直接雇用を断ることは全く問題ありませんし、非常識なことでもありません。長く働くことはできないと考えたら、遠慮なくお断りをしましょう。

実際、紹介予定派遣で働きだすと「思っていた仕事内容と違っていた」「職場の雰囲気が合わない」ということに気づくことがあります。そのまま直接雇用になったとしても働き続けることが苦痛になるだけで、長く働き続けることは困難です。

会社側からしても、長い期間、前向きに働いてくれる人を採用したいと考えているはずです。無理に直接雇用を承諾するのは企業側にとってもメリットはありませんので、働き続けられるかどうか、きちんと見極めるようにしましょう。

直接雇用を断ってもペナルティなどのデメリットはない

紹介予定派遣を断るとペナルティがあるのではないか、もう派遣会社から仕事を紹介してもらえないのではないか、と不安になるかもしれません。

しかし、きちんとお断りを行えば、特にペナルティを受けたり、デメリットが生じることはありませんので、安心してください。

紹介予定派遣は、数か月の派遣期間で働き続けられるかの見極めを行います。派遣先企業からも一緒に働きたいスタッフか、見極められるわけです。当然、相性が合わなくて直接雇用に至らないケースも多々ありますし、派遣会社ももちろん経験済みです。何より、紹介予定派遣はお断りしてはいけないというルールはありません。

もちろん、派遣会社から次の仕事を紹介してもらうこともできます。

断ると決めたからといって、信頼を失うような行動はNG!

直接雇用を断ると心に決めたら、派遣会社に連絡をすることになります。派遣会社へ連絡するタイミングとしては、営業担当と面談する時でも構いませんし、電話でも構いません。社会人としての基本的なマナーを守ったうえで、きちんと断る理由を派遣会社に伝えましょう。

しかし、断るからといって非常識な態度をとってしまうと、今後仕事を紹介してもらえないなどのデメリットが生じてしまうことがあります。

ここからは、直接雇用を断る時にやってはいけないことを5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.派遣先との直接契約を断る時は理由を正直に伝えよう

直接雇用を断る時、必ず伝えるのは「辞退する理由」です。

どんな理由にすればいいか考えることもあるでしょうが、無理に嘘をつく必要は全くありません。

社風や仕事内容などのちょっとしたことであっても、正直に理由を伝えることで、派遣会社は断った理由を加味して次の仕事を紹介してくれるようになります。

もしも嘘の理由を作って、「病気になった」「家族の介護が必要になった」などと派遣会社に伝えたらどうでしょうか。

他の仕事を紹介しても断られたり、働きだしても休みが多くなるのではないか、と派遣会社に思われてしまいます。そうなると仕事紹介をしても無駄だと判断され、紹介してもらえなくなることもあるのです。

立派な理由を作り上げる必要はありませんので、正直に理由を伝えるようにしましょう。

2.即日退職はNG!派遣期間中はきちんと働き続けよう

直接雇用を断る決断をすると、今すぐ辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。しかし、期間の定めがある働き方の場合は、契約期間終了まで働くのが基本です。直接雇用を断る前提であっても、きちんと勤める必要があるのです。

早く辞めたいからといって、「明日から出社しません」と派遣会社に伝えるのは絶対にNGです。

社会人としての基本的なふるまいができない、非常識なスタッフだと判断されてしまい、派遣会社から仕事を紹介してもらえなくなる可能性が高いでしょう。もちろん、無断欠勤するのも絶対にやってはいけません。

どうしても派遣期間を短くして欲しいと思った時には、派遣会社に相談するというスタンスで話をしてみた方が良いでしょう。

3.派遣先の悪口や不満を言わないようにしよう

紹介予定派遣を断る理由が、派遣先の雰囲気や、人間関係が良くないという場合もあるでしょう。

こういった理由の場合は、派遣会社へ断りの連絡をする時にやんわりと伝えることが大切です。具体的な人の名前を出したり、ネチネチと悪口を言ってしまうのは、派遣会社へ与える印象が良くないからです。

もちろん、友達に悪口を言ったり、SNSに不満を書き込むのもNGです。

誰かに言ったことが知らない所で広まったりすることもありますし、どこで誰の耳に入るかもわかりません。SNSへ悪口を描いた場合には、拡散されて派遣先の人たちの目に触れることになるかもしません。

ちょっと悪口を言ったばかりに、あなたの評判が落ちてしまうことすらあるのです。

円満に退職するためにも、悪口や不満を口にしないことが大切です。

4.断ることを決断したら、早めに派遣会社へ連絡をしよう

派遣先の直接雇用を断ると決めたら、早い段階で派遣会社へ連絡するようにしましょう。派遣会社は他の派遣スタッフを探す必要があるからです。

派遣先も受け入れに向けて準備を進めているのですから、入社直前でのお断りは迷惑をかけてしまうだけになってしまいます。早い段階でお断りを伝えておけば、派遣先も派遣会社も柔軟に動くことができますので、ギリギリまで伸ばして言うのは避けましょう。

また、断る理由は対面で伝える必要はありません。派遣会社の営業担当と会った時に伝えようと思ったのに、自分の体調不良や営業担当の都合などでなかなか会えず、ギリギリまで断ることを伝えられないというケースもあります。電話連絡で構いませんので、早い段階で連絡することを心がけてください。

5.何度も違う理由で紹介予定派遣を断り続けるのは避けよう

紹介予定派遣を断ることは問題ないというのは、先ほど記載した通りです。しかし、紹介予定派遣で働くたびに、色々な理由をつけて断るというのは印象が良くありません。

例えば、「給与が安いから」と断って給与が高い仕事を紹介してもらったのに、次は「仕事が大変なので嫌です」「社風が合わない」「自宅から遠い」など色々な理由で断り続けていたとしたら、派遣会社は紹介できる仕事がなくなってしまいますし、紹介しても無駄だと思われてしまうでしょう。

理想と完璧に一致する仕事に出会えれば良いのですが、なかなかそうはいかないものですし、多少の妥協は必要です。

仕事紹介をされた段階できちんと内容を確認するなど、働きだす前にできることは行い、辞退の回数は多くならないようにしましょう。

紹介予定派遣を断った気まずくなっても割り切ることが大切

紹介予定派遣は直接雇用が前提の働き方ですから、派遣先は入社へ向けての準備を進めていきます。

入社の準備を進めるということは、派遣先から一緒に働きたいスタッフだと思われているということでもあります。

それなのに、派遣スタッフから直接雇用を断る旨の連絡がきたら、派遣先はショックを受けるでしょう。お断りの連絡をした以降は、気まずさを感じながら派遣期間を過ごすことになるかもしれません。

しかし、気まずくなってしまっても割り切ることが大切です。紹介予定派遣で断ることは悪いことではないからです。居心地は悪いかもしれませんが、派遣期間終了までやるべき仕事をやるだけです。

長くても数週間から数か月のことですから、割り切って派遣期間を過ごしましょう。

仕事を探すときに何を重視するのか考え直そう

どうせ働くなら、楽しく働ける居心地が良い企業で働きたいものです。直接雇用になれば長く働くことになるので、居心地の良さはとても重要なポイントです。

居心地が悪く前向きに取り組めない仕事だった場合、将来のキャリアを考えると、紹介予定派遣であっても直接雇用を断るのも大切なことだといえます。

しかし、高い理想を求めすぎて、いつまでたっても直接雇用してもらえる企業と出会えないという可能性もあります。次に紹介される紹介予定派遣の仕事では断らなくても済むように、応募前に確認しておきたいことを洗い出しておきましょう。

また、仕事をするにあたって絶対に譲れないことは何なのか、妥協できるポイントは何なのかを考えておくことも大切なことです。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)