派遣の基礎知識

派遣と直接雇用、どちらを選ぶ?5分でわかる派遣と直接雇用の違い

同じ会社で働いていても、派遣という人もいれば、直接雇用の人もいます。

派遣とは、働いている会社とは別の派遣会社に雇用されているという点で、直接雇用とは若干の違いがあります。

世間的なイメージでは、派遣よりも直接雇用の方が待遇が良いと思われているかもしれませんが、一概にそうとは言えません。

直接雇用にもデメリットがありますし、逆に派遣にもメリットは多くあるのです。

多種多様な働き方が求められている現在、派遣だからダメと直接雇用だけに就職先を求めるのではなく、派遣と直接雇用のメリット・デメリットをしっかりと考慮して自分らしく働けるのはどちらかを吟味することが必要です。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)

自分らしく働ける?派遣で働くメリットはコレ!

派遣で働くメリットは、

  • プライベートを充実できる
  • 時給が高い
  • 仕事を探さなくても派遣元が紹介してくれる

などがあります。

一般的には、自分のプライベートな時間を作るために働く環境や条件を交渉できるというのが派遣のメリットであると言えます。

プライベートを充実させたいなら派遣の方が良い理由

仕事にやりがいを感じて没頭することは良い事かも知れませんが、全ての人が仕事に生きがいを求めているわけではありませんよね?

例えば、趣味に没頭する時間を確保したいと考える人もいると思います。

労働時間の上限や残業代の規定は法律で決まっていますが、現実的な問題として多くの直接雇用の正社員などは、未だにサービス残業や法律の上限を超えた労働から逃れることができません。

一方で派遣は、残業を断ることもできますし、働いた分はしっかりと残業代を請求できます。当たり前のことなのですが、直接雇用だと「忙しい時期だから仕方がない」という雰囲気になってしまうのが現状ですよね…

派遣は「派遣会社との契約に従わなければならない」という契約概念が強いので、基本的には派遣先の会社は派遣会社との契約に従うことになります。このような契約に守られているので派遣はプライベートを充実できるのです。

派遣会社の担当が間に入ってくれるから自分に合った仕事が探せる

「派遣会社の担当がいる」ということは、派遣の大きなメリットですね。派遣会社は、職業紹介サービスもしていると考えて良いでしょう。

現在の仕事が自分に合わないと思ったら、違う派遣先を紹介してもらうこともできますし、派遣先がサービス残業をさせようとしてくるなら、派遣会社の担当を通してそのような違法行為を是正することができます。

このように、自分でやるには少し面倒な職場環境の改善や働く場所の斡旋を派遣元の担当が代わりにやってくれるというのは、派遣で働く大きなメリットになります。

安心感があるから長く働ける!長期間働くならやっぱり直接雇用が良い?

直接雇用のメリットは、長期間働きやすいという点です。昇給や昇進、雇用の安定に関してはやはり直接雇用の方が優遇されています。

優遇されている分、自分のプライベートをある程度会社に合わせる必要になります。長期間働くことを前提としているなら、直接雇用をオススメします。

契約期間の終了が近づいても安心

派遣契約には、

  • 一般労働者派遣
  • 特定労働者派遣
  • 紹介予定派遣

の3タイプがありますが、一般的な派遣は一般労働者派遣という雇用形態が多いです。

一般労働者派遣は、基本的に有期雇用契約であり最短で1カ月最長でも3年の契約期間が設定されます。慣習として3カ月や6カ月の契約期間を設定し、その都度更新をする形が多いですね。

派遣先の職場環境が良ければ、当然長く働きたいと思いますよね?そうなってしまうと契約期間が近づくたびに更新してもらえるかどうかソワソワすることになります。

契約が更新されなかった場合、基本的には派遣元から次の派遣先の紹介があるでしょう。ただし、派遣元が次の派遣先を見つけられないというケースもあります。その場合には、無職になってしまう可能性があります。

派遣で雇用の安定を重視したいなら、特定労働者派遣という派遣が良いですね。特定労働者派遣は、派遣元の正社員となる働き方です。派遣先への3年の制限もありませんし、派遣元が次の派遣先を見つけられなくても派遣元から給料が出ます。

直接雇用で正社員なら、契約期間がないのでそのような心配はなくなります。(ただし、直接雇用でも契約社員の場合は契約期間があります。)

仕事のやりがいを求めるなら直接雇用の方が良い

一般論としてですが、責任の大きい仕事を派遣に任せる企業は少ないです。また、基本的には昇給や昇進もありません。

  • 責任ある仕事を任されたい
  • 将来的にその会社で出世したい
  • ずっと同じ職場で働きたい

と思っているなら、直接雇用で働いた方が効率的です。

派遣から直接雇用になるというパターンもある?

派遣先の職場環境が良い場合や、派遣で働くうちに考え方が変わって、直接雇用で働きたいと思うことがあります。派遣でも、派遣先の直接雇用への切り替えや最初から直接雇用を前提とした紹介予定派遣という派遣の形態もあります。

派遣先から直接雇用への切り替えの打診がある場合も!

派遣先から「直接うちの会社で働いてくれませんか?」というように直接雇用の誘いを受けることもあります。

多くの場合、派遣元と派遣先は契約で派遣期間中の雇入れ禁止条項がついているかと思われます。ですから、原則的には派遣期間中は直接雇用への切り替えは出来ません。

しかしながら、派遣契約期間後に直接雇用への切り替えは出来ます。契約や法律がどうであれ、円満に直接雇用へ切り替えるのがベストですから直接雇用に切り替えたい場合には、まずは派遣元の担当と相談してみましょう。

直接雇用を前提とした紹介予定派遣という働き方もある

紹介予定派遣とは、一定の期間派遣として働いた後で派遣先との面談によって、直接雇用へと切り替える直接雇用を前提とした派遣契約です。企業側から断られることもありますし、自分から断ることもできます。

実際のところ、会社の雰囲気や人間関係はその会社に入ってみなければわかりませんから、このような派遣を利用するのもひとつの就職活動の手段であると言えます。

派遣期間は最長6か月で派遣期間中でも派遣先との合意があれば、直接雇用へと切り替えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?直接雇用も派遣もそれぞれメリット・デメリットがあります。

総務省の行った派遣などの非正規雇用で働いている人の派遣で働いている理由についてのアンケートでは、

「自分の都合の良い時間に働けるから」

「家庭の事情や他の時間と両立したいから」

という理由が目立っています。

派遣と直接雇用のどちらの働き方を選ぶかは、ワークライフバランスの中で何に重点を置くかという問題だと言えるでしょう。



※ なお派遣の仕事を探すならテンプスタッフリクルートスタッフィングセントメディアがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】リクルートスタッフィング・・・業界トップクラスの豊富な案件数であなたにぴったりの派遣先がきっと見つかります!
リクルートスタッフィング

【3】セントメディア・・・スタッフ満足度第1位を獲得した安心のサポート体制!案件も豊富だから安心して働きたいあなたにおすすめ!
セントメディア(派遣)