派遣就業の悩み相談

自分を知れば気持ちも変わる!派遣仕事への不安をなくす方法3つ

派遣の仕事というのは、その特性上「仕事が覚えられない」、「解雇されるかもしれない」といった様々な不安が存在します。

そうした不安があるせいで仕事におけるパフォーマンスを落とすことも多く、精神衛生的に考えても改善が急がれる問題ではないでしょうか?今回はそうした派遣仕事における不安をなくすための方法を3つご紹介していきます。

派遣仕事に取り組んでいる方はもちろん、これからの働き方に興味がある方はぜひご覧ください。

あなたの不安はどこから?自分を知ることの重要性とは?

冒頭でも少しご紹介しましたが、まずはあなたの不安はどこからやってくるのかを理解しておく必要があるでしょう。漠然とした気持ちのままでは対処が難しく、問題の根本的な解決には至りません。

また、そうした不安の出処は必ずしも1つとは限らないでしょう。場合によっては様々な原因が派遣の仕事というのは、その特性上「仕事が覚えられない」、「解雇されるかもしれない」といった様々な不安が存在します。

そうした不安があるせいで仕事におけるパフォーマンスを落とすことも多く、精神衛生的に考えても改善が急がれる問題ではないでしょうか?今回はそうした派遣仕事における不安をなくすための方法を3つご紹介していきます。

派遣仕事に取り組んでいる方はもちろん、これからの働き方に興味がある方はぜひご覧ください。

あなたの不安はどこから?自分を知ることの重要性とは?

冒頭でも少しご紹介しましたが、まずはあなたの不安はどこからやってくるのかを理解しておく必要があるでしょう。漠然とした気持ちのままでは対処が難しく、問題の根本的な解決には至りません。

また、そうした不安の出処は必ずしも1つとは限らないでしょう。場合によっては様々な原因が複雑に絡み合い、少しずつあなたを不安にさせているのかもしれません。

自分と向き合うことは苦しいことではありますが、この機会に考えて見るようにしましょう。

自分だけが違う!仕事ができないことへの不安

派遣仕事は期間が決まっていることや、仕事に入った時々でその内容が変わることが多く、「仕事ができない」、「覚えられない」といった問題を呼ぶ可能性も高いのではないでしょうか。

そのせいで自分を責めてしまったり、引け目を感じてしまったりと、精神衛生的に良いとはとても言えません。私達の社会では仕事ができるかどうかが、その人の価値を示すも物差しになることも多く、仕事ができないという事実はその人を傷付けるのに十分過ぎる要素となります。

もっとも、仕事ができるかどうかだけがその人の価値を示すわけではありません。それでも仕事をする上では仕事ができない人よりもできる人の方が良いに決まっていますし、派遣社員であればそれはなおさらでしょう。

追い抜かれるかも?自分から後に入ってくる人材が怖い

派遣仕事に従事する派遣社員は、流動的な環境にあります。

それは期間が決まっていることや非正規雇用であることもそうですが、派遣社員がいる業界・部署というのは「後から入ってくる人材も多い」ためです。

そうした後から入ってくる新しい人材に対しては、自分よりも仕事ができるかもしれないという不安、そして自分の仕事・立場を奪うかもしれないという不安を抱くこともあるのではないでしょうか。

極端な話、明日どうなっているのかわからないのが派遣仕事であり、派遣社員という立場です。こうした不安は派遣社員として働く異常常に付きまとうものであり、多くの方が抱えている不安なのではないでしょうか。

もしかすると解雇?自分の会社・業界への先行き不安

これは派遣社員に限った話ではありませんが、「自身が働く会社・業界への先行き不安」というのは多くの方が抱えているのではないでしょうか。

変化の激しい現代社会では、その働き方のあり方のみにとどまらず、雇用の基盤さえにも絶対的な形などはありません。終身雇用制度・年功序列制度などは、すでにその形を失い、私達労働者も1つの会社・業界のみで働くというのは、これから今以上に普通ではなくなってくるでしょう。

そうした状況下では今いる自分の会社・業界に不安を抱く方が増えるのも当然です。仕事がなくなれば私達は生活することができません。仕事がなくなっては困るのです。

自分を知り仕事を知る!派遣仕事への不安をなくす方法3つとは?

それでは派遣仕事への不安をなくす方法をご紹介していきましょう。ここにある方法を実践していただくことで、すでに不安を感じている方はその気持ちを和らげることができるでしょう。また、今は不安な気持ちはない方でも、これらの方法を実践しておくことで、不安な気持ちを事前に摘み取ること、ケアしておくことが可能となります。ご興味のある方法からで構いませんのでぜひお試しください。

周囲の人に相談しよう!話してみると気にならなくなる

仕事に対する不安は「周囲の人に相談する」ことによって、かなり緩和することができます。

相談相手としては、自分と同じ派遣社員がまず候補に挙がるでしょう。当然、彼らはあなたと同じ立場にあるので、話も合いやすいのではないでしょうか。

しかし、相談相手は派遣先の正社員であっても良いのです。彼らは正社員である分、あなたが派遣されている会社・業界のこと、そして業務については誰よりも詳しいはずです。

派遣社員と正社員の間に隔たりを感じる方もいるのかもしれませんが、それはあなたの杞憂であることも多いはずです。同じ仕事に向かって汗を流すという事実には、何の違いもないでしょう。

『敵(彼)を知り己を知れば百戦殆うからず』は至言

『敵を知り己を知れば百戦殆うからず』という言葉をご存知でしょうか。これは有名な兵法書、『孫子』の一説です。今や孫子は単なる兵法書ではなく、人付き合い、自己啓発、ビジネスなど、様々な世界で重宝されるノウハウが凝縮された書物になっているのです。

この『敵(彼)を知り己を知れば百戦殆うからず』は、そのなかでも最も評価されている言葉といっても過言ではありません。

仕事においては、その仕事を知ることが重要です。

どうすれば、仕事ができるようになるのか、その仕事は何のために行うのか、どうすれば成果を出せるのかなど、仕事に対して常に学ぼうとする姿勢は大切にするべきでしょう。

そうした努力をしていなければ不安な気持ちになってくるのも当然ですし、逆に努力をすれば不安など消えてなくなるはずです。

定期的にリフレッシュ!自分を労る時間をもとう

仕事をすることに疲れてしまった時、不安な気持ちのせいで心が窮屈になってしまった時は、「自分を労る時間をもつ」ということを忘れないようにしてください。

ここまでご紹介してきたのはどれも不安に向き合う方法ばかりでしたが、不安は向き合うことだけが解決方法ではありません。

時には近付き、時には距離をとることによって、あなたなりの不安との付き合い方、不安の昇華のさせ方を模索する必要があるでしょう。

ゆっくりお風呂に浸かる、綺麗な景色を観に行く、趣味に没頭するなど、その手段・形は自由です。また、今回ご紹介した方法の実践と平行しながら自分をケアするのも良いでしょう。

選択肢にプラス!どうしてもダメなら転職も考えよう

派遣社員であるあなたはおそらくフットワークが軽い方のはずです。

もっともそうしたことに対して「派遣社員だから当然だろう」、「好きでそんな働き方をしているわけではない」という見方もあるかもしれませんが、それは一旦忘れてください。あなたはフットワークが軽い方です。

フットワークの軽さは、移り変わりの激しい現代において大きな武器となります。「自分に適した場所を探し続けるための転職」という選択肢をとることに対しても、大きな抵抗がないのではないでしょうか?

すでにお伝えしましたが、今は1つの会社・業界にとどまる必要はない時代です。派遣社員であることに引け目を感じる必要もありません。むしろフットワークが軽く、行動しやすいその働き方を魅力的に思っても良いでしょう。

まとめ

派遣社員はその特性上、「仕事ができない」、「後から入ってくる人材が自分の立場を奪うかもしれない」、「自分の会社・業界の先行きがわからない」といった不安を抱えがちです。

しかし、そうした不安は「周りの派遣社員・正社員に相談する」、「仕事を知り、仕事ができるように努力する」、「自分を労る時間をもつ」ことによって、克服することができるでしょう。不安はあなたの行動・心掛け次第でどうとでもなるのです。

しかし、人には限界があることも事実です。不安な気持ちを処理し切れなくなった時や、今いる状況にどうしても満足がいかない場合は転職を考えるのも良い選択肢でしょう。

フットワークの軽さを活かしながら、今よりも自分が輝ける場所を探すことを意識してみてください。あなたに合った場所は必ず存在します。
複雑に絡み合い、少しずつあなたを不安にさせているのかもしれません。

自分と向き合うことは苦しいことではありますが、この機会に考えて見るようにしましょう。

自分だけが違う!仕事ができないことへの不安

派遣仕事は期間が決まっていることや、仕事に入った時々でその内容が変わることが多く、「仕事ができない」、「覚えられない」といった問題を呼ぶ可能性も高いのではないでしょうか。

そのせいで自分を責めてしまったり、引け目を感じてしまったりと、精神衛生的に良いとはとても言えません。私達の社会では仕事ができるかどうかが、その人の価値を示すも物差しになることも多く、仕事ができないという事実はその人を傷付けるのに十分過ぎる要素となります。

もっとも、仕事ができるかどうかだけがその人の価値を示すわけではありません。それでも仕事をする上では仕事ができない人よりもできる人の方が良いに決まっていますし、派遣社員であればそれはなおさらでしょう。

追い抜かれるかも?自分から後に入ってくる人材が怖い

派遣仕事に従事する派遣社員は、流動的な環境にあります。

それは期間が決まっていることや非正規雇用であることもそうですが、派遣社員がいる業界・部署というのは「後から入ってくる人材も多い」ためです。

そうした後から入ってくる新しい人材に対しては、自分よりも仕事ができるかもしれないという不安、そして自分の仕事・立場を奪うかもしれないという不安を抱くこともあるのではないでしょうか。

極端な話、明日どうなっているのかわからないのが派遣仕事であり、派遣社員という立場です。こうした不安は派遣社員として働く異常常に付きまとうものであり、多くの方が抱えている不安なのではないでしょうか。

もしかすると解雇?自分の会社・業界への先行き不安

これは派遣社員に限った話ではありませんが、「自身が働く会社・業界への先行き不安」というのは多くの方が抱えているのではないでしょうか。

変化の激しい現代社会では、その働き方のあり方のみにとどまらず、雇用の基盤さえにも絶対的な形などはありません。終身雇用制度・年功序列制度などは、すでにその形を失い、私達労働者も1つの会社・業界のみで働くというのは、これから今以上に普通ではなくなってくるでしょう。

そうした状況下では今いる自分の会社・業界に不安を抱く方が増えるのも当然です。仕事がなくなれば私達は生活することができません。仕事がなくなっては困るのです。

自分を知り仕事を知る!派遣仕事への不安をなくす方法3つとは?

それでは派遣仕事への不安をなくす方法をご紹介していきましょう。ここにある方法を実践していただくことで、すでに不安を感じている方はその気持ちを和らげることができるでしょう。また、今は不安な気持ちはない方でも、これらの方法を実践しておくことで、不安な気持ちを事前に摘み取ること、ケアしておくことが可能となります。ご興味のある方法からで構いませんのでぜひお試しください。

周囲の人に相談しよう!話してみると気にならなくなる

仕事に対する不安は「周囲の人に相談する」ことによって、かなり緩和することができます。

相談相手としては、自分と同じ派遣社員がまず候補に挙がるでしょう。当然、彼らはあなたと同じ立場にあるので、話も合いやすいのではないでしょうか。

しかし、相談相手は派遣先の正社員であっても良いのです。彼らは正社員である分、あなたが派遣されている会社・業界のこと、そして業務については誰よりも詳しいはずです。

派遣社員と正社員の間に隔たりを感じる方もいるのかもしれませんが、それはあなたの杞憂であることも多いはずです。同じ仕事に向かって汗を流すという事実には、何の違いもないでしょう。

『敵(彼)を知り己を知れば百戦殆うからず』は至言

『敵を知り己を知れば百戦殆うからず』という言葉をご存知でしょうか。これは有名な兵法書、『孫子』の一説です。今や孫子は単なる兵法書ではなく、人付き合い、自己啓発、ビジネスなど、様々な世界で重宝されるノウハウが凝縮された書物になっているのです。

この『敵(彼)を知り己を知れば百戦殆うからず』は、そのなかでも最も評価されている言葉といっても過言ではありません。

仕事においては、その仕事を知ることが重要です。

どうすれば、仕事ができるようになるのか、その仕事は何のために行うのか、どうすれば成果を出せるのかなど、仕事に対して常に学ぼうとする姿勢は大切にするべきでしょう。

そうした努力をしていなければ不安な気持ちになってくるのも当然ですし、逆に努力をすれば不安など消えてなくなるはずです。

定期的にリフレッシュ!自分を労る時間をもとう

仕事をすることに疲れてしまった時、不安な気持ちのせいで心が窮屈になってしまった時は、「自分を労る時間をもつ」ということを忘れないようにしてください。

ここまでご紹介してきたのはどれも不安に向き合う方法ばかりでしたが、不安は向き合うことだけが解決方法ではありません。

時には近付き、時には距離をとることによって、あなたなりの不安との付き合い方、不安の昇華のさせ方を模索する必要があるでしょう。

ゆっくりお風呂に浸かる、綺麗な景色を観に行く、趣味に没頭するなど、その手段・形は自由です。また、今回ご紹介した方法の実践と平行しながら自分をケアするのも良いでしょう。

選択肢にプラス!どうしてもダメなら転職も考えよう

派遣社員であるあなたはおそらくフットワークが軽い方のはずです。

もっともそうしたことに対して「派遣社員だから当然だろう」、「好きでそんな働き方をしているわけではない」という見方もあるかもしれませんが、それは一旦忘れてください。あなたはフットワークが軽い方です。

フットワークの軽さは、移り変わりの激しい現代において大きな武器となります。「自分に適した場所を探し続けるための転職」という選択肢をとることに対しても、大きな抵抗がないのではないでしょうか?

すでにお伝えしましたが、今は1つの会社・業界にとどまる必要はない時代です。派遣社員であることに引け目を感じる必要もありません。むしろフットワークが軽く、行動しやすいその働き方を魅力的に思っても良いでしょう。

まとめ

派遣社員はその特性上、「仕事ができない」、「後から入ってくる人材が自分の立場を奪うかもしれない」、「自分の会社・業界の先行きがわからない」といった不安を抱えがちです。

しかし、そうした不安は「周りの派遣社員・正社員に相談する」、「仕事を知り、仕事ができるように努力する」、「自分を労る時間をもつ」ことによって、克服することができるでしょう。不安はあなたの行動・心掛け次第でどうとでもなるのです。

しかし、人には限界があることも事実です。不安な気持ちを処理し切れなくなった時や、今いる状況にどうしても満足がいかない場合は転職を考えるのも良い選択肢でしょう。

フットワークの軽さを活かしながら、今よりも自分が輝ける場所を探すことを意識してみてください。あなたに合った場所は必ず存在します。