派遣就業の悩み相談

派遣先で仕事中、上司から怒られるのが嫌な人へ伝えたい5つの改善策

派遣社員として働く上で大変なことと言えば、派遣先での人間関係や仕事内容の変化に柔軟に対応することが挙げられます。特に、上司に毎日怒られてばっかりでは、仕事が嫌になってしまうのは時間の問題です。

人生で起こるほとんどの問題は人間関係にあると言われています。平日にフルタイムで勤務するとして、1日の3分の1を仕事に費やすわけですから、できれば楽しい時間を過ごしたいですよね。

それでは、仕事中に上司に怒られないためには何が大切になってくるのでしょうか。



※ 派遣の仕事を探すならテンプスタッフパソナJOBNETがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】パソナ・・・豊富な福利厚生と女性支援制度だから初めての派遣でも安心!


【3】JOBNET・・・時短勤務の案件や福利厚生も充実だから働くママさんにも安心!


なぜ仕事中に上司に怒られるのかを考えてみることが先決

まず大切になってくることは、なぜその上司が怒っているのかを考えてみることです。いつも怒っている、自分にとっては非常に怖い存在と言える上司も、あなたと同じ人間です。

性格や仕事中に一番気を遣っている部分などは、本当に人それぞれです。ある人は締め日に間に合うかどうかを常に気にしているかもしれません。またある人は仕事の質を重視していて、締め日はそこまで重視していないかもしれません。

明らかに自分に悪い点があるのか。またはその上司特有の怒りやすい点があるのか。ということをまずは考えてみましょう。それが上司から怒られることを防ぐために必須となるでしょう。

それでは、派遣先で仕事中、上司から怒られるのが嫌な人へ伝えたい5つの改善策をお伝えします。

派遣先で仕事中、上司から怒られるのが嫌な人へ伝えたい5つの改善策

上司になぜ怒られるのかを考えてみるということについてお話しました。この項では、より具体的にどう行動すれば、「上司が怒る」という状況が発生しにくくなるのかをお伝えします。

上司が怒る原因は、上司の家庭環境にあったり、上司がそのまた上司に怒られてストレスが溜まったりしているケースもあります。しかし、そのような外部要因はあなただけの力では解決できません。

そこで、自分だけで解決できる状況を解決し、上司が怒る確率を減らしていくよう心掛けましょう。

自分の状況、考えていることについての話を上司と共有する

上司があなたに怒るのは、上司があなたの考え方や仕事の状況を把握していないからかもしれません。恋愛でもそうですが、自分の状況や考え方は言葉にして相手に伝えないと、どこかですれ違いが発生するものです。

自分が持っている仕事の量。その仕事を余裕を持って終らせることができる日時。どういった考えを持って自分が働いているか。などは事前に上司に伝えておきましょう。変に感じてしまうかもしれませんが、これは上司から怒られないようにするために必須の作業です。

初めての作業では、最初のタスク完了時に仕事の完成度具合を上司と確認する

自分の仕事の完成度具合を上司がまだ把握していない初めての作業では、最初のタスクが完了した時点で上司に仕上がりを見せるようにしましょう。なぜなら、仕事の進め方やスタイルなど、その上司特有の仕事術がある可能性が高いからです。

その上司のやり方でない仕事の進め方をすると、上司が怒ってしまうことに繋がりかねません。なぜなら、上司は一定の質を伴った仕事を仕上げたいし、上司なりの理由があってその仕事術をこなしているからです。

ですから、自分の仕事の完成度具合をチェックしてもらいましょう。たとえそこで何か注意されたとしても、まだ締め日には時間がありますし、完成時に怒られる確率を大幅に下げることができます。

仕事の締切りの2日前までには90%を目処に仕上げておく

仕事の締切りの2日前までには90%程度仕事を終えておくというのも、実用的な方法の1つです。こうすることで、締切日直前に何かしら変更があっても難なく対応できます。また、それによって上司は締切日に間に合うかを心配せずに済むので満足してくれます。

また、進行度具合は日々上司に報告しましょう。毎日ちゃんと仕事を進めている状況が上司に伝われば、上司も安心して自分の仕事に集中できるはずです。この際も、上司の仕事の具合を観察しながら、邪魔をしないように伝えましょう。タイミングが悪いと、そこで怒られてしまいかねます。

仕事が早いと、上司から信頼を置かれやすくなります。仕事のスピードを通して、上司との関係を取るのも立派な方法です。いつもギリギリに仕事を終えてしまう人は、意識してみると良いでしょう。

上司がどういう性格で、どういった所に反応する人なのかを分析する

上司の性格を知ることは非常に重要になってきます。普段は温厚だけど怒るタイプなのか。常にイライラしているタイプなのか。その上司の性格によって対応方法も変わってきます。

怒りという感情は、何か不安を抱えている状態で起こる感情です。もし上司が怒りやすい人であれば、何に対して不安を抱えているのかを観察しましょう。それがもし自分の仕事の量や質の問題であれば、後はそこを改善するだけです。

改善の仕方が分からなければ、正直にそれを上司に伝えるのが良いでしょう。上司はあなたが仕事ができないことを、あなたが仕事の方法を知らないからではなく、あなたの態度に問題があると思っているかもしれません。

上司の上司、またはその会社の風土を観察し、分析してみる

上司が明らかに自分の影響外のことでイライラしているようであれば、上司の上司、またはその会社自体の風土を観察してみると良いです。上司が仕事の質で怒られているのであれば、自分がその援助をするような形で対応を取ることができます。

また、その会社自体が常に緊迫しているような状態の職場であれば、上司もまたその風土から影響を受けてイライラしている可能性があります。もしそうであれば、上司が安心して仕事ができるために、何か自分ができることが無いかどうか考えてみましょう。

上司が常に安心して仕事をしている状態であれば、必然的に自分を怒る回数も減ってきます。そのためであれば、自分が何かしらの行動をして、先回って上司を安心させる方が楽に仕事ができるという考え方もあるということを知っておいてください。

仕事中に上司から怒られないための具体的なツーステップ

それでは、仕事で上司から怒られないための具体的な方法をツーステップでお伝えします。先ほど挙げた5つの改善策はどれも非常に効果的です。しかし、一体どのような順序でその行動を起こせば良いのか分からないという方のためにステップ形式にしてみました。

もちろん、この順序で行動すれば全ての上司が同じように怒らなくなるということはありません。しかし、大事なことは上司が怒る確率を下げることです。毎日怒っていた人が、月1で怒るようになれば、それほど素晴らしいこともありませんよね。

それでは、その具体的なツーステップをお伝えします。

自分の状況と上司の性格、状況を把握・分析する

まずは自分が置かれている状況を把握しましょう。勤続期間はどれくらいになるか。同じくらいの期間働いている人は、一般的にどれくらいの仕事の質とスピードを求められているか。最近いつ上司に怒られたのか。また、そのときはなぜ怒られたのか。など分析しましょう。

次に、上司の性格と、上司はどういった部分に反応するのかを観察しましょう。締切日に近いと怒りっぽくなるのか。上司の期待した質の仕事ではないと表情が悪くなるのか。上司の上司に怒られたら機嫌が悪くなるのか。理由はそれぞれです。

その上で、どういった場合に怒られて、どういったことをすると喜んでもらえるのかを考えてみましょう。そこまでできたら十分です。あとは怒られる可能性が高い状況に陥るのを避けて、喜ばれることが多い状況になるように努力するだけですから。

よりよく分析するために、できるだけ感情を捨てて、理性的になるようにしましょう。誰々のせいで怒られるとか。上司に全ての責任があると思ってしまうかもしれませんが、ここはグッとこらえてみましょう。

人間関係をできるだけ良く保ち、仕事の質を意識する

人間関係をできるだけ良く保つのは誰にでもできる最善の策です。仕事の質やスピードを上げるには誰しも時間が必要です。しかし、その上司とどのように接するのかは今日からでも変えることができます。できるだけ上司を褒めてあげてください。

例えば、上司の仕事の質を褒めたり、具体的にどうすればそのような仕事ができるのかを尋ねたりことでコミュニケーションを取ることができます。業務上分からないことがあって、自分で調べても分からない場合は素直に聞いてみることが大事です。

また、上司からの飲み会やパーティーの誘いはできるだけ好対応をして損はありません。飲みの席で仲良くなっておくと、日々の業務の中でも相談しやすくなります。

また、都合で行けない場合も、参加はしたかったがどうしてもできないという旨を伝えましょう。それで悪い印象を受け取られることを避けることができます。

まとめ

派遣先での仕事で上司の怒られる人への5つの改善策ということで、改善策をまとめてきました。何か参考になることはありましたでしょうか。結局、上司に絶対に怒られないというのは難しいと思います。

しかし、上司に怒られる確率を下げるために、先に挙げた改善策を行うことは効果的です。まずは、上司がどういう人か。どういった所で怒ってしまうのかを観察しましょう。そして、それが発生しないように対策を立てることが重要です。

派遣社員として働く上で、長期的に雇用されるためにも、職場の人間関係を自分からの働きかけで変えていけると良いですよね。



※ 派遣の仕事を探すならテンプスタッフパソナJOBNETがおすすめ。
どこも案件が豊富で、スタッフサポートの満足度が高い優良派遣事業者です。あなたの派遣先決定から就業中のサポートまで、安心して任せられます。

また、派遣に応募するなら最低でも3件の派遣会社に登録をしましょう。会社によって抱えている案件は異なります。そのため、複数社に応募すること希望の派遣先が見つかりやすくなります。


【一番人気!】テンプスタッフ・・・案件数も営業担当の質も業界トップクラス!必ず登録しておきたい派遣先の一つ!


【2】パソナ・・・豊富な福利厚生と女性支援制度だから初めての派遣でも安心!


【3】JOBNET・・・時短勤務の案件や福利厚生も充実だから働くママさんにも安心!