派遣会社

派遣会社ってどう選べばいいの?自分に合った会社を選ぶ3つのポイント

国による「働き方改革」により注目を浴びている派遣社員。好きな時期に好きなように働くことができるメリットの他に、無期雇用派遣という道を選ぶことができるようになりました。

しかし、いざ派遣会社に登録しようとしてみると、想像以上に派遣会社があり、迷ってしまいますよね。いったいどこに登録すればいいの?と悩んでしまうかもしれません。派遣会社それぞれに個性がありますので、自分に合った派遣会社を選びましょう。

本記事では、派遣会社の選び方についてのポイントを説明します。

自分に合う派遣会社って?まずは自己分析から

働き方には様々な種類が存在します。正社員・契約社員・アルバイトやパート・個人事業主、あげるとキリがありません。その中で、なぜ自分は派遣社員という道を選択しようとしているのでしょうか。まずは自分を見つめなおすところから始めましょう。

派遣会社に登録することは基本的に無料ですが、あまりに多くの会社に登録してしまっても連絡が多く来すぎて嫌になるなんてこともあるかもしれません。自分にとって一番メリットのある派遣会社に効率よく登録していくことで、よりよい刷毛社員ライフを送れるようにしましょう!

「何をしたいか」、「どうなりたいか」を考えよう

働くにあたって一番重要な部分です。派遣社員のメリットとして、様々な会社に短い期間で働きに行く事ができるという事が挙げられます。また働き方もある程度自由に設定することができ、「週3日だけ働く」や「地域を変えずに働く」等、選択肢も豊富です。

かといって楽な方向ばっかりに行ってしまうと、お給料が下がってしまったり、将来的なスキルが身につかなかったりと後々自分が困ってしまう可能性があります。

ですので、自分がどうなりたいか、目標をしっかり定めましょう。目標を設定して、その方向に進むためにはどのようにすればよいかを考えていきましょう。

「芸術家志望なので、働く時間は少なく」や「夜に勉強をするので、残業無し」など、目標に合った働き方を選択すれば、自分自身のやる気にもつながります。

自分に無理のない働き方とは何かを考える

近年、過労による鬱や自殺などが社会問題になっています。非常にまじめな性格で、会社から指示されたことに一生懸命こたえようとした結果、悲惨な結果を生んでしまうというケースも多いようです。忙しさのあまり、自分が無理しているという事に気づけないのではないでしょうか。そうならないためにも、無理のない働き方を考えましょう。

人生において働くという事は大半の方において重要な要素です。若いうちは一日の半分以上を労働に充てることもあります。そんな中で大切なのが「満足感」です。

国はワークライフバランスという言葉を用いて働くことへの満足感を増やそうとする施策を立てています。派遣社員はワークライフバランスへの満足感が非常に高いという調査結果もあり、自分に合った働き方を構築しやすいです。今一度、自分に無理のない働き方を考えましょう。

全部同じに見えるのは間違い?派遣会社ごとの特徴を掴もう

「派遣会社って全部同じに見える」と思うかもしれません。しかし派遣会社にも様々な個性があり、取り扱っている案件なども違っています。派遣社員を募集している会社も、派遣会社の個性を見て求人を出すところを決めています。

派遣会社は大枠で分類すると3つに分かれます。3つ共に特徴がありますので、自分に合った派遣会社に登録して、気持ちよく仕事を選べるようにしましょう。

本項では、派遣会社の特徴について説明します。

「大手」は仕事件数が多く、満足度が高い

先ほども述べたように、派遣会社への登録は無料です。ですので、とりあえず1つは大手を選択するのもよいかもしれません。

大手派遣会社のメリットは知名度の高さと案件数の多さです。知名度が高いという事は人が集まりやすいとも言えますので、様々な企業から求人が集まっています。

更に様々な人が働いたノウハウが蓄積されていますので、ブラック企業などの評判の悪い企業が少ないというメリットもあります。

自分がやりたいことが明確に決まっていない場合でも、多くの会社で経験を積むことができるので、まずは大手で自分に合った仕事を探すのも1つの手段かもしれません。

「職業特化型」はその名の通り、一定の職種に強い

自分のやりたい事、将来のビジョンがしっかりと明確な人は特化型で探すとよいでしょう。その職業の案件を多く経験できるので、自分のスキルアップにはもってこいの環境です。

更にこのような職業特化型の派遣会社には、「非公開求人」が多いという特徴があります。非公開求人とは、転職サイトや求人誌などに掲載されず、派遣会社からの紹介で受ける事のできる求人です。例えば、超有名企業が募集を公開すると応募が殺到してしまうので、企業としてもコストと時間がかかり大変です。そこで非公開にして、選りすぐりの人材から採用者を選びたい、といった時に使われます。

職業のスペシャリストになると、よりよい案件が回ってきやすくなるので、同じ職業でステップアップしたいと考えている方にはうってつけの派遣会社です。

「業界特化型」でなりたい自分へ一直線

職業特化型と内容は似ていますが、自分の働きたい業界が決まっている場合は業界に特化した派遣会社で探しましょう。このような派遣会社は担当者も業界のスペシャリストであることが多く、経歴などから最適な企業を選んでくれることが多くなります。

また業界との繋がりも深いので、依頼する会社からも信頼をおかれています。業界のスペシャリストが企業と労働者をつなげるため、ミスマッチが少ないことが特徴です。

業界を絞る分求人が少ないのが玉に瑕ですが、その分質の高い案件が眠っている可能性が高くなります。業界のスペシャリストのバックアップを受けながら、自分に合った会社を探しましょう。

将来の支援ってどういうこと?派遣会社のサポートについて考えよう

派遣会社でただただ今の仕事のみを探していては、年齢を重ねた時に経験が少ないなどの不利が生じてしまう可能性があります。そこで派遣会社では、将来のプランについて相談できるような環境が整っていることが多いです。

派遣会社としても優秀な人材を長期にわたって確保しておきたいので、将来を支援することでどんどんスキルアップしていってくれたほうが会社としても良いのです。派遣会社がどのようなサポートを行っているかも、派遣会社を選ぶポイントの1つとなっています。

本項では、派遣会社のサポートについて確認します。

どれだけ自分の将来に親身になってくれるかが肝心

派遣会社に登録すると担当者がつきます。この担当者が親身に相談に乗ってくれるかが肝心です。どちらかというと大手よりは中小の派遣会社の方が手厚いサポートと言われています。その反面、大手は研修などのサポートが充実している傾向にあります。

親密な相談ができる会社では、将来の目標を踏まえて派遣先を選んでくれることが多いです。また、一人では大変な自己分析なども、客観的な意見を貰うことで分析を進めやすくなります。

派遣会社の人は人材に関するプロです。なるべく一人で考えるのではなく、プロの意見も聞きながら自分の目標を設定していきましょう。

見えない部分も、事前の口コミなどでリサーチ

いざ派遣会社を決定した時に、「想像と違った…」となってしまっては仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。そのようなことが無いように、あらかじめ派遣会社についてリサーチしておきましょう。

会社の福利厚生や研修制度などは簡単に検索することができますが、実際の会社の対応がどのような流れかは分かりづらいものです。口コミサイトなどを利用して、実際に登録したことのある方の情報を探しましょう!

ただし、インターネットの情報は嘘も多く混じっています。あまり鵜呑みにすることはせず、参考の一つとして留める位が良いでしょう。何度も申し上げますが、派遣会社への登録は無料ですので、あまり悩みすぎずに選択することも大切です。

まとめ

いかがでしょうか。派遣会社は数多く存在する分競争が激しいので、各会社で色々な個性を出して人材を集めています。結局どこに登録しても働く事に変わりはないと適当にならずに、自分の目標とマッチしているか、将来を十分相談できるかなどをしっかり考えて行動しましょう。

派遣会社としても、企業に心から紹介できるような優秀な人材を求めています。ですが誰しも最初は初心者からスタートなのです。いかに自分が成長できる環境を手伝ってくれるか、という事が派遣会社の価値を決めているといっても過言ではありません。

もちろん自分が満足する働き方を構築することが一番ですので、自分が気持ちよく働けるための手助けをしてもらうつもりで派遣会社を選んでみてはいかがでしょうか。